つみたてNISA

20代のつみたてNISAのポートフォリオは?【株式100%です】

投資
20代の若者

20代はつみたてNISAのポートフォリオでどんな銘柄を選べばいいの?投資は難しいからわからない

こんな悩みにお答えします。

20代は投資を続けられる期間が長いので、リスクをとった戦法が有効です。

時間をかけて確実に資産を増やしていきましょう。

この記事の内容

  • 20代のつみたてNISAのポートフォリオ
  • 20代つみたてNISAの投資金額はいくらがいいか?
  • 20代のうちに投資の勉強をしておくべき理由【3選】

この記事を買いている私は今25歳で2年ほどつみたてNISAを続けています。

つみたてNISAをする上で学んだことを、これからつみたてNISAをする若い方に共有します。

20代のつみたてNISAのポートフォリオ

結果

20代のつみたてNISAのポートフォリオは株式100%のポートフォリオで問題ないです。

20代はリスクを大きく取れる

20代が株式100%というリスク高めのポートフォリオにできるのは、リスクの取りやすさにあります。

敗者のゲーム
【引用】敗者のゲームより

短期の投資では株式は最もリスクの高い投資です。

最大で35%の損をする可能性があります。

しかし20年以上投資を続けた場合は、状況が変わり株式が最もリターンの良い魅力的な投資になります。

20代なら自分の資産を取り崩し始める60代・70代になるまで、40〜50年時間があります。

20年以上を投資を続けることが可能なので、リスクをとった投資ができるわけです。

つみたてNISAは長期投資が基本

つみたてNISAは長期投資を基本として作られています。

短期で売買するのには向いていません。

一度買ったら20年以上は持ち続けるつもりで、投資商品を購入しましょう。

そのためにもつみたてNISAでは商品選びが大切です。

つみたてNISAで商品を選ぶ時は、以下のポイントに気をつけましょう。

  • 手数料は高くないか(インデックスファンドか?)
  • 純資産額は増えているか

最低限この2つには気をつけましょう。

手数料は高ければ高いほど、自分へのリターンを減らすことになります。

手数料は0.5%以上は高いと思いましょう。

純資産に関しては、減り続けたり・増えない商品は避けておきましょう。

いい商品でない可能性があります。

つみたてNISAでは一度決めた商品を買い続けることで、資産を雪玉を転がすように大きくできます。

20代つみたてNISAのポートフォリオ例

楽天証券でつみたてNISAをやるとするなら、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」100%のポートフォリオで投資をしてみましょう。

※投資は自己責任なので、最終判断は自分でしてください。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)では、全世界の株式に投資ができます。

  • 米国
  • 米国以外の先進国
  • 新興国(中国など)

さまざまな地域に投資をします。

日本はこれから人口が右肩下がりで、経済も右肩下がりになると思われます。

しかし、世界の経済は成長を続けているので世界に投資をすれば、成長した利益をもらうことができます。

20代つみたてNISAの投資金額はいくらがいい?

お金

20代でつみたてNISAをするなら投資金額は、毎月満額の33,333円に設定しましょう。

投資資金に余裕があるなら毎月33,333円

つみたてNISAでは年間40万円を非課税枠で20年間運用ができます。

40万円を12ヶ月で割った金額が、33,333円です。

投資資金に余裕があれば、毎月33,333円の掛け金に設定をしておきましょう。

毎月この金額を投資し続けると、20年間で800万円になります。

コツコツを続けることで大きな金額にすることができます。

つみたてNISAでは掛け金の変更ができる

とはいえ20代では投資するお金を作るのも一苦労です。

毎月一定額を出せない場合でも、つみたてNISAでは掛け金の変更が可能です。

次の月の出費が多くなることがわかっているのであれば、翌月の掛け金を減らすことができます。

掛け金を変更できる期限は、証券会社ごとで違うので確認をしておきましょう。

投資においては無くなってもいいお金で投資をしましょう。

無理に生活費まで投資をすると、値動きで夜眠れなくなります。

iDeCoは投資資金にゆとりができたら

つみたてNISAと一緒に始めたいiDeCoですが、つみたてNISAを毎月満額で投資できないうちは無理して始めないようにしましょう。

iDeCoでは掛け金の変更が年1回しかできません。

さらに最低掛け金が5,000円と決まっています。

自由に掛け金を設定できるつみたてNISAに比べると、少し制限が多いです。

つみたてNISAで満額を投資してもなお投資資金がある場合は、iDeCoを始めることを考えましょう。

20代からつみたてNISAを始めるだけでも立派な行動です。

無理のない範囲で投資することが大切です。

20代のうちに投資の勉強をしておくべき理由【3選】

投資

20代のうちに投資の勉強をしておくべき理由は以下の通りです。

  • 時間を有効活用できる
  • 貯金をしても意味がない
  • 税金はもっと増えて手取りが減っていく

今からマネーリテラシー をしっかりと高めておきましょう。

時間を有効活用できる

投資では投資を続けることができる時間が長いほど有利になります。

20歳の人と40歳の人が、60歳まで毎月3万円を年3%で投資したとしましょう。

投資の期間でここまでの差が開きます。

20歳から40際から
投資期間40年20年
合計金額27,781,7859,849,060
元本14,400,000円7,200,000円
運用収益13,381,785円2,649,060円
合計金額に占める運用収益比率48.1%26.8%
楽天証券積立かんたんシミュレーターより

長い期間投資をするほど、運用収益が増えてきます。

これは複利の力によるものです。

複利の力は時間が長ければ長いほど、力が強くなってきます。

投資期間が20年違うだけでも、大きな差を生み出します。

複利の力を大いに使うためには、若いうちから投資を始める必要があります。

貯金をしても意味がない

日本で現在貯金をした場合、利率はどのくらいかご存知ですか?

利率はなんと0.001%です。

100万円を預けたとしても、1年後に10円しか増えません。

絶望するほどの利率の低さです。

一方投資では、100万円を年3%で運用すれば、3万円増やすことが可能です。

銀行にお金を預けておくのが馬鹿らしくなります。

最低限の生活費数ヶ月分を銀行に預けたら、あとは投資をしましょう。

税金はもっと増えて手取りが減っていく

税金は今後も増えていくでしょう。もちろん社会保障費(年金)もです。

サラリーマンの手取りはどんどん減る一方です。

税金で手取りが減ったとしても、生活が良くなったと感じることはおそらくないでしょう。

サラリーマンの所得税は以下の表の通りです。

課税される所得金額税率
195万円以下5%
195万円を超え 330万円以下10%
330万円を超え 695万円以下20%
695万円を超え 900万円以下23%
900万円を超え 1,800万円以下33%
1,800万円超40%
国税庁より

年収が高ければ高いほど税率が上がっていきます。

一方投資にかかる税金は、20.325%で常に一定です。

20代は将来的に投資での利益の方が、かかる税金が少なくなる可能性があります。

税金の負担を避けるには、従業員から投資家にジョブチェンジをしていく必要があるわけです。

今回は、20代がつみたてNISAを始める時のポートフォリオについてまとめました。

投資は早いうちに始めた方が、時間の力を有効に使えます。

投資について勉強を始めていくのであれば、まずはこの本から読んでみましょう。

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です