つみたてNISA

楽天証券でつみたてNISAをやってみた【8ヶ月後の成績】

積み立て

こんにちは。かみやです。

SBI証券から楽天証券へつみたてNISAを乗り換えて、8ヶ月の成績を紹介します。

みなさんのつみたてNISAのポートフォリオの参考になれば幸いです。

楽天証券でつみたてNISAをやってみた【8ヶ月後の成績】

楽天証券でつみたてNISAをやって8ヶ月たった成績は以下のようになります。

10%近いリターンを叩き出しています。

ただし最近の株価の上昇でこのような結果になっています。

私が8ヶ月でつみたてNISAで利用した商品は4つです。

  • ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • 三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド

現在つみたてを継続しているのは2つです。

  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

割合は米国株式:新興国株式が9:1にしています。

日本株式への投資はもうしない

楽天証券でつみたてNISAを始めた当初は、日本株式への投資もしていました。

しかし、日本株への投資は今後しないことにしました。

理由は

  • 日本の経済・人口は今後右肩下がり
  • 日本に住んでいる以上リスクは海外に分散すべき
  • インデックス投資は右肩上がりの経済でないと損をする

最後の理由が一番大切です。

インデックス投資は、右肩上がりの経済でないと損をし続けることになります。

価格が下がり続けるインデック投資は、常に最も高い価格で買い続けるだけで利益がでないからです。

楽天証券でつみたてNISAをするのがおすすめな理由

楽天証券でつみたてNISAをするのがおすすめな理由は、楽天カードで投資ができて、さらに楽天ポイントを使って投資もできてしまうからです。

楽天証券のつみたてNISAでは楽天ポイントで投資ができる

楽天証券でつみたてNISAをする時は、楽天ポイントを使って投資ができます。

楽天経済圏で生活をしている人にとっては、貯まりやすい楽天ポイントを投資に使えるのは、大きなメリットになります。

楽天証券のつみたてNISAなどで投資信託を購入すると、SPUポイントが+1倍になります。

楽天証券でポイント投資をするだけで、さらに楽天ポイントが貯まりやすくなります。

好循環が生まれるので、楽天カードや楽天モバイルを使っている人は、積極的にポイントを活用していきたいところです。

楽天証券のつみたてNISAは楽天カードで

楽天証券でつみたてNISAをするのであれば、楽天カードで投資信託を購入しましょう。

楽天カードでは毎月50,000円まで投資信託を楽天カードで決済できます。

楽天カードで投資信託を購入すると、100円につき1ポイント楽天ポイントが貯まります。

つまり楽天カードで投資をしているだけで、年間1%のリターンを高めることが自動できてしまっているわけです。

楽天証券でつみたてNISAをするのであれば、必ず楽天カードを連携しておきましょう。

つみたてNISA:SBI VS 楽天どっち?

チョイス

つみたてNISAをSBI証券か楽天証券のどちらでつみたてするか迷う人もいると思います。

私の結論としては、

  • 楽天経済圏にいるなら、楽天証券
  • 楽天を使うつもりがないなら、SBI証券

楽天カードや楽天市場、楽天モバイルを使っている人は、楽天証券がいいです。

ポイントもたまりやすくなりますし、ポイントで投資も可能です。

SBI証券があまり良い感じに聞こえないかもしれませんが、設定や操作に関してはSBI証券の方が良いなと私は感じています。

SBI証券では、つみたてNISAの商品の投資比率を簡単に変更できます。

楽天証券では、自分でつみたて金額を入力しないといけません。

SBI証券ではパーセンテージを変更するだけで、金額を変えられます。

わざわざ自分でスマホで計算しなくていいわけです。

つみたてNISAでアクティブ運用のファンドはダメ絶対

いらない

つみたてNISAではアクティブ運用のファンドも購入できます。

しかしアクティブ運用は手数料がかかるだけで、指数連動型のインデックスファンドに勝てないことがわかっています。

つみたてNISAは20年間投資非課税で投資ができます。

20年間指数連動型のインデックスファンドに勝てるアクティブファンドはないでしょう。

つみたてNISAをSBI証券で始めたばかりの時は、アクティブ運用のファンドも買っていました。

しかし、本を読んで勉強したらあまり意味がないことがわかり、つみたてをやめました。

つみたてNISAも立派な投資ですから、投資の勉強はした方が良いです。

損はしたくないですよね?

私はこの本から、投資の基礎を勉強しました。

まとめ

つみたてNISAの商品選びでは、指数連動型のパッシブ運用ファンドを選ぶと良いです。

少ない手数料で、市場と同じリターンを出せる最も効率的な投資の方法です。

つみたてNISAでは20年間非課税でつみたてができる美味しい制度です。

上手に使い倒して、利益をしっかりと確保しましょう。

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です