投資の考え方

投資はやめたほうがいい?【多くの人はすでに投資をしています】

ダメ
悩んでいる人

投資はギャンブルだしやめといた方がいいかな?

お金がなくなったらイヤだし。

こんな悩みにお答えします。

周囲に投資をやったことがないと、他人から聞いたイメージしか持てませんよね?

人間は自分の知らないものに対して、拒絶する習性があります。

まずは投資がどういうものか理解できれば、不安感は和らぎます。

この記事を読むことで、投資はやめた方がいいのかが理解できます。

この記事の内容

  • 投資はやめたほうがいいのか?
  • 気づかないうちに私たちは投資をしている件
  • それでも投資を止めてくる人たち

投資をしようかと迷っているなら、まずはやってみましょう。

百聞は一見にしかずですよ。

投資はやめたほうがいい?

失敗

投資はやめたほうがいいと言う人は、こんなことを言います。

「投資はギャンブルだからやめたほうがいいよ。」

確かに投資はギャンブルです。

投資はギャンブルである

はっきり言います。投資はギャンブルです

投資は未来の利益を予想するゲームです。

未来を予想して将来利益が上がるか、下がるかを予想します。

カジノのルーレットを当てるような物です。

未来のことはだれも分かりません。

ギャンブルはうさんくさくない

ギャンブルがうさんくさく感じるのは、誰かがイカサマをしているかもしれないと感じるからです。

ここで少し考えてみて欲しいことがあります。

人生でも未来のことは誰も分かりません。

人生だってより良い方に選択をするわけですから、ある種のギャンブルと言えるわけです。

人生がギャンブルと言えるなら、あなたの人生はうさんくさいでしょうか?

そんなことはないですよね?

結果としてこのようになります。

  • ギャンブル=うさんくさくない
  • 投資=ギャンブル
  • 投資=うさんくさくない

A=B、B=CならA=Cが成り立つのと一緒です。

投資はギャンブルだけれども、誰かがイカサマをして儲けているわけではないのです。

勝つ確率が高い投資(ギャンブル)をすれば、プラスの利益が出る可能性もあります。

私たちはすでに投資をしている

投資
悩んでいる人

投資があやしいものではないのはわかった。

でも私は投資をしたことなんてないけど。

私たちは意識していないだけで、自分に投資をしています。

大学にいくのだって投資の1つ

例えば私たちはこんなこととに投資しています。

  • 大学へ通う
  • 英語を勉強する

どうして大学へ行ったり、英語を勉強するのかというと、将来のリターンが大きくなる可能性があるからです。

大学に行けばより多くの給料が得られ、英語を学べば世界で働けるからです。

自分にお金を投じることで、将来のリターンを期待しているのです。

これは投資ではないとは言えないでしょう。

時は金なりでもあるけど時は人生そのもの

私たちは人生という貴重な時間を何かに投資しています。

仕事・趣味などいろいろなことに時間を使っています。

仕事においては自分の時間を投資して、リターンとして給料をもらっています。

時間は人生そのものです。

貴重な時間に見合う行動をしていきたいですね。

それでも多くの人が株やFXはやめたほうがいいと言う理由

失敗

多くの人が株やFXはやめたほうがいいと言いますが、そのように言う人は2種類に分かれます。

  • 投資をして失敗した人
  • 特に行動せず投資は危ないと聞いただけの人

後者の人の意見を聞く必要がないのは、イメージがつきますよね?

投資をして失敗をした人から学ぼう

投資をして失敗した人は、おそらく大きな損失を出して投資が嫌になったのでしょう。

その結果、投資は危ないやめたほうがいいと言うわけです。

ならば、その失敗を利用して自分が同じ落とし穴に引っかからないようにすれば良いのです。

人間は自分の失敗は冷静に見れませんが、他人の失敗には冷静に分析ができます。

どのように投資をして失敗したのかを聞き取り、自分の投資に役立ててみましょう。

やってみないとわからない

百聞は一見にしかず。このことわざは真理です。

投資もそうですが、やってみないことにはうまく行くかどうかなんてわかりません。

投資のリスクの受け取り方も人それぞれだからです。

100万円の損が出ていても気にしない人がいれば、1円でも損が出ると気になって夜も眠れない人もいるでしょう。

いきなり大金を投資するのではなく、なくなってもいい小さな金額で自分の投資への反応をみるべきでしょう。

まとめ

投資は確かにギャンブルですが、怪しいやってはいけないものではありません。

むしろ私たちは時間やお金をいろいろなものに投資しています。

自分が将来求めているリターンが得られるか考えながら投資をしてみましょう。

それではまた。

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です