投資資金の作り方

一人暮らしのあなたが貯金できないたった1つの理由

節約
悩んでいる人

一人暮らしで貯金をしたいけど、ぜんぜんお金が貯まらない。どうしてだろう?

こんな質問にお答えします。

この記事の内容

  • 一人暮らしで貯金ができない理由はたった1つ
  • 一人暮らしで貯金ができるようになる方法
  • 一人暮らしで貯金しておきたい目安は?
  • 一人暮らしで節約しやすいもの

この記事を書いている私は、手取りの3分の2を貯金に回しています。

新卒で会社に入社して、10か月で100万円を達成しました。

この記事を読むことで、貯金ができるようになる道筋がわかるようになります。

一人暮らしで貯金ができない理由はたった1つ

唯一

一人暮らしで貯金ができない理由はたった1つです。

それは、「どのくらいお金を使っているか知らないから」です。

記事を読んでいただいている皆さんに質問です。

「あなたは何にどのくらいのお金を使っているか説明できますか?」

この質問に答えられないと、貯金ができるようにはなりません。

例えば、ダイエットをして痩せようとしたらどのようにしますか?

おそらく体重計を買って、体重の変化を知ろうとしますよね。

貯金もダイエットと同じです。

どのくらいお金を使っているか知らないことには、貯金ができません。

体重計に乗らないでダイエットをしようとしているのと同じです。

かみや

貯金をしたいのであれば、まずどのくらいお金を使っているか把握しましょう!

一人暮らしで貯金ができるようになる方法

節約

貯金ができるようになる第一歩は、「自分が使っているお金を把握する」ことです。

自分が使っているお金を把握するなら家計簿をつけましょう。

「家計簿ってめんどくさい」、「前に挑戦して3日坊主だった」という方でもできる方法を紹介します。

誰でも簡単にできる家計簿の付け方

誰でも簡単にできる家計簿の付け方は、スマホのアプリを使うことです。

おすすめのスマホアプリは、「マネフォワードME」です。

マネーフォワードME
マネーフォワードME 公式サイトより

マネーフォワードMEの良いところは3つあります。

  • 銀行口座やクレジットカードの残高と連携できる
  • レシートは写真を撮るだけで楽に入力できる
  • 支出の分類もとっても簡単

家計簿が三日坊主の人でも、簡単に続けることができます。

なぜなら家計簿のめんどくさいを徹底的に省いてくれているからです。

マネーフォワードMEではレシートを写真で摂るだけで、家計簿の入力が終わります。

指先1つで家計簿が記録できてしまうので、家計簿をつけ続けることができます。

私は以前家計簿をエクセルでつけていました。

しかしエクセルで家計簿をつけると、必ずパソコンを立ち上げてエクセルを開かないといけません。

結果としてエクセルの家計簿は数か月で挫折してしまいました。

マネーフォワードMEに乗り換えてからは家計簿をつけることを続けられています。

かみや

マネーフォワードMEは、家計簿が続かない人でも簡単にできます。まずはどのくらいお金を使っているか記録を取りましょう。

>>マネフォワードME

家計簿を3か月分記録を取ってみる

家計簿をつけ始めたらまずは、3か月程度記録を取ってみましょう。

どうして3か月かというと、おおざっぱでも月の平均を知るためです。

家計簿をつける目的は、自分がどのようにお金を使っているか知るためです。

(もちろん会計簿の記録を始めるのと同時に、節約を始めてもOKです。)

毎月の生活費は時によって変動することもあります。

3か月の平均を取ることで、大まかですが自分の支出を知ることができます。

3か月ほど記録を取れば、自分がどれくらい毎月お金を使っているかわかります。

意外とびっくりする結果が待っているかもしれません。

貯金が貯まらない人の特徴としては、細かいお金を気にしていないことがあります。

毎日のペットボトル飲料や銀行の手数料など、小さな金額が積み重なっていずはずです。

家計簿をつけると、無駄なお金を使っていると発見できることがあります。

かみや

家計簿を3か月つけることで、自分が毎月どのくらいお金を使っているかざっくりと知ることができます。

家計簿をつけるポイント

家計簿をつけるポイントは、「お金が発生したものに対してすべて記録する」ことです。

家計簿をつけるときは、小さなお金であっても記録を取るようにしてください。

なぜなら、小さなお金も積み重なると大きな金額になるからです。

例えば、毎日仕事に行くときにペットボトル飲料を1本コンビニで買ったとします。

ペットボトル飲料は1本150円とします。

1か月で仕事に行くのが20日だとしたら、毎月ペットボトル飲料だけに3,000円払っていることになります。

気にならない小さなお金でも、いつか大きな金額になります。

貯金をしたいと思うのであれば、小さな金額でも家計簿につけて毎月の支出を把握しましょう。

バケツに穴の開いた状態で水を入れても、流れて行ってしまいます。

しっかりとムダに使っているお金も把握することが大切です。

かみや

家計簿をつけるときのポイントは、どんなに小さい金額でも忘れずに記録することです。

塵も積もれば山となるですよ。

一人暮らしで貯金しておきたい目安は?

一人暮らしで貯金しておきたい目安は50万円です。

一人暮らし世帯の多くは20代〜30代でしょう。

20代・30代がどのくらい貯金ができているのかを見るとなんと貯金ゼロの割合が、

  • 20代 61.0%
  • 30代 40.4%

半数近くの20代・30代が貯金がない状態と言えます。

家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)金融広報中央委員会2017年調べ

このような状態で一人暮らしの貯金の目標を100万円としたら、途方もない額になってしまいます。

まずは100万円の半分の50万円を貯めてみましょう。

50万円を貯金できたらかなり自信が付きます。

100万円までは簡単に貯金できるようになりますよ。

一人暮らしで節約しやすいもの

節約

さて3か月程度家計簿で記録ができて、自分の支出が把握できたら節約をがっつり始めていきましょう。

一人暮らしで節約しやすいものは2つあります。

  • 通信費
  • 食費

どちらも今日から節約を始めることができます。

通信費

通信費の節約はとっても簡単です。

大手キャリアのSIMカードを格安SIMに入れ替えるだけです。

これだけで毎月3,000円程度は節約できるようになります。

「たったの3,000円?」と思う方もいるかもしれません。

小さな金額でも節約しようとしなければ、貯金はできるようになりません。

格安SIMについて知りたい場合は、通信費節約するには格安SIM【おすすめ3つ紹介+Wi-Fiも】で詳細に書いてあります。

食費

一人暮らしでは食費が節約しやすいです。

外食から自炊にすれば、食費は半分程度に減らすことができます。

自炊は時間の無駄だから、外食の方が安上がりだという方もいると思います。

自炊でも短い料理時間で、食費を節約できる方法はあります。

自炊を7年間続けて見つけたノウハウを記事にまとめています。

>>一人暮らしの食費節約術3つ紹介【月1万5千円以下になります】

さいごに

一人暮らしで貯金に成功するには、家計簿を使ってお金の管理をしてみましょう。

マネーフォワードMEなら手間をかけずに、簡単に家計簿が付けられます。

家計簿がつけられたら、一人暮らしで節約しやすい通信費と食費を節約してみましょう。

皆さんが貯金できる第一歩を踏み出せることを願っています。

それではまた。

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です