やってはいけない投資法

【今すぐやめろ】銀行で投資信託を買うのがダメな理由3選

悩んでいる人

銀行で投資信託を買おうと思ってます。

銀行の人に相談しながらできそうだし楽かな。

こんな質問にお答えします。

結論から言うと銀行で投資信託を買うことは、投資をする皆さんにとって損でしかありません。

どうして銀行で投資信託を買うと損をするのかは、手数料の高さにあります。

この記事では、様々な投資信託をリサーチしてきた私が、銀行の投資信託がダメな理由を解説します。

【今すぐやめろ】銀行で投資信託を買うのがダメな理由3選

銀行で投資信託を買うのがダメな理由は、3つほどあります。

  • 銀行の投資信託は手数料が高い
  • 投資した人は儲からない
  • 銀行の投資信託はゴミ商品しかない

それぞれの内容を詳しく解説していきます。

銀行の投資信託は手数料が高い

銀行で買うことのできる投資信託は、手数料がありえないほど高いです。

例えば具体例をあげてみます。

栃木の地銀である「栃木銀行」が扱っている投資信託の手数料を見てみましょう。

グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープンBコース

栃木銀行で買える投資信託にこんなものがあります。

どのような手数料がかかるかというと、

  • 購入するとき:3.3%
  • 売却するとき:0.3%
  • 保有している間:2.42%

の手数料がかかります。合計6.02%の手数料です。

わかりやすく言うと、100万円を投資して1年後に売却した場合、94万円になるわけです。(価格が上昇しなかった場合)

投資した人のお金を減らしてくれる投資信託を銀行は、当たり前のように売っているのです。

投資した人は儲からない

手数料の高い投資信託を購入した場合、投資した人は儲かることはありません。

5%成長する投資信託を買ったとしても、手数料が5%であればプラマイゼロです。

高い手数料を払っても、手数料より高いリターンがあればいいのでは?と思ったかもしれません。

しかし、高い手数料を払ったとしても、高いリターンが望めるかはわかりません。

未来のことは誰にもわかりませんから。

運よく高いリターンが出たとしても、高いリターンを出し続ける投資信託はありません。

【引用】インデックス投資は勝者のゲームより

上の図は特定の分野のみを扱う投資信託(アクティブファンド)が市場平均の結果に勝つ確率です。

1年間でも、アクティブファンドが市場平均の結果に勝てるのは、3分の1以下です。

長期で投資を続けると良いリターンを出せる可能性は、ゼロに近づきます。

銀行でおすすめされている、手数料の高い投資信託は損でしかありません。

銀行の投資信託はゴミ商品しかない

銀行でおすすめされる投資信託は、ゴミ商品ばかりです。

投資する皆さんが儲からない投資信託ばかりです。

投資する皆さんが儲からない商品をなぜ売るのでしょうか?

それは、銀行が儲かるからです。

銀行が手数料を収益としているため、手数料の高い投資信託を売っているのです。

試しに栃木銀行が販売している投資信託84商品を調べてみました。(つみたてNISA商品除く)※2021年2月26日現在

結果として、他人におすすめできる投資信託は、たったの2つだけでした。

残りの82商品はゴミです。

投資初心者が銀行で投資信託を買うと、間違いなく損をするレベルです。

銀行がだめならどこで投資信託を買うべきか?

投資信託は、ネット証券会社経由で購入をしましょう。

ネット証券で購入すべき

ネット証券では、投資をする人におすすめの商品をすすめてくることはありません。

ネット証券で投資をすることで、無駄な手数料を払わず確実な資産形成が可能です。

ネット証券でおすすめなのは、

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券

の3つがおすすめできます。

つみたてNISAやiDeCoの活用を検討しよう

ネット証券で投資信託を購入するときは、つみたてNISAやiDeCoの活用を検討しましょう。

つみたてNISAやiDeCoは、手数料を抑えつつ税金面でも得な制度です。

積極的に活用をしましょう。

つみたてNISAやiDeCoの上手な使い方は、

  • つみたてNISA:楽天証券
  • iDeCo:SBI証券

と使い分けることです。

使い分ける理由は、楽天証券では楽天カードを使い投資信託を購入できるからです。

またiDeCoでSBI証券を利用するのは、低コストの投資信託が多く含まれています。

良いとこどりをするには、証券会社を使い分けるのがおすすめです。

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です