米国ETF

つみたてNISA・iDeCoで投資した。次は?【ETFに挑戦しよう】

質問
投資初心者

つみたてNISAとiDeCoには投資を始めた。まだ投資余力があるけど、次は何に投資したらいいだろう?

こんな質問にお答えします。

結論から言ってしまうと、ETFに挑戦してみましょう。

ETFは投資信託の株式バージョンのようなものです。(投資信託をリアルタイムで売買できるのがETF)

この記事では、ETFに投資するべき理由と、どのようなETFに投資をすればいいかを解説します。

つみたてNISA・iDeCoで投資した。次は?【ETFに挑戦しよう】

ETF

ETFは投資信託と株式を足して2で割ったようなものです。

まずは、ETFがどういうものか簡単に解説して、ETFに投資するべき理由もあわせて紹介します。

ETFってそもそも何?

ETFは”Exchange Traded Funds”の略で、日本語にすると「上場投資信託」と言います。

上場している投資信託なので、東京証券取引所などで売買することができます。

逆に、投資信託は上場していないので、取引所では売買ができません。

ETFは株式と同じようにリアルタイムで、価格が変動します。

また株式と同じように、買うときの値段の指定(指値)などを行った売買が可能です。

ETFと投資信託・株式の違いのまとめると

ETFと投資信託・株式の違いを表でまとめました。

ETF投資信託株式
上場
取引リアルタイム一日一回リアルタイム
買付手数料有料無料が多い有料
信託報酬有り有り無し

手間がかかる順番は

  1. 株式
  2. ETF
  3. 投資信託

です。投資信託は利益の再投資を勝手にやってくれるので、やることと言ったら入金するくらいです。

またETFの特徴としては、投資信託よりも手数料が安く長期投資で利益を増やしやすい傾向があります。

米国ETFに投資すべき理由とオススメ銘柄

おすすめ

米国ETFに投資するべき理由は、ズバリこれです。

  • 手数料がとても安く長期投資に向いている

手数料がとても安く長期投資に向いている

米国ETFは手数料がかなり安くなっています。

例えば、アメリカの株式全体に投資ができるETFの手数料は、なんと0.03%です。

投資信託でも0.1%程度なら安い部類ですが、それと比べても手数料が低いです。

この手数料の安さは長期的な投資にプラスに働きます。

手数料が少なければ少ないほど、私達投資家の利益を増やしてくれます。

オススメの米国ETF

今回はオススメの米国ETFを3つ紹介します。

選定理由としては、

  • 手数料が安い
  • 分散が効いている

の2つです。

オススメの米国ETFは以下のとおりです。

  • VT(バンガード・トータル・ワールド・ストック)
  • VTI(バンガード・トータル・ストック)
  • VOO(バンガードS&P 500)

低い手数料で全世界や米国に投資ができる銘柄です。

詳細に米国ETFのオススメ銘柄を知りたい方は、下の記事をご覧ください。

米国ETF
【2020最新】米国ETFのおすすめは?人気銘柄紹介・徹底比較米国ETFを始めてみたいけど、おすすめは何か知りたい。そんな初心者の方におすすめの米国ETFを4つ選んで紹介します。米国ETFで資産形成することは勝ちパターンの1つです。...

米国ETF投資ならSBI証券

米国ETFに投資をするならSBI証券がおすすめです。

理由は、自動買付機能がSBI証券にしか無いからです。

米国ETFの買付は、楽天証券やマネックス証券で行なえます。

しかし、定期的に買付してくれる証券会社はSBI証券のみです。

つみたてNISAのように入金だけを忘れなければ、自動で買付をしてくれます。

長期・積み立て・分散投資を実現するのであれば、SBI証券がぴったりです。

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ
こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です