つみたてNISA

つみたてNISAとiDeCoを併用する時のポートフォリオ戦略

戦略
悩んでいる人

つみたてNISAとiDeCoを併用する時のポートフォリオは似た商品に投資しない方がいいのかな?

こんな悩みにお答えします。

結論から言ってしまうと、つみたてNISAとiDeCoで似た商品に投資しても問題はないです。

つみたてNISAで全世界株、iDeCoで全世界株に投資してOKです。

この記事ではつみたてNISAとiDeCoを併用する時のポートフォリオの考え方を紹介します。

この記事の内容

  • つみたてNISAとiDeCoを併用する時のポートフォリオ戦略
  • 楽天証券でつみたてNISAとiDeCoを併用した時のポートフォリオ例
  • つみたてNISAとiDeCoを併用する時の金額配分

この記事を読むことで、つみたてNISAとiDeCoのポートフォリオをどのように作ればいいかがわかります。

つみたてNISAとiDeCoを併用する時のポートフォリオ戦略

結果

つみたてNISAとiDeCoを併用する時のポートフォリオは、長期投資のためのポートフォリオだと理解しておきましょう。

つみたてNISAとiDeCoは長期投資が基本

つみたてNISAとiDeCoは、長期投資することを基本として作られた税制優遇制度です。

逆にいうと、短期的にお金を増やすことには向いていない制度と言えるわけです。

つみたてNISAとiDeCoのデメリットとして、

  • 損益通算できない(つみたてNISA)
  • 一度始めたら60歳まで引き出せない(iDeCo)

損益通算とういうのは、短期の売買で出た損を相殺できる方法ですが、長期投資が基本のつみたてNISAではできません。

またiDeCoも一度始めたら、死なない限り途中で止めることができません。

つみたてNISAやiDeCoは長期投資をすることを基本に作られています。

短期でお金を増やしたい場合は、他の投資を考えましょう。(リスクは高いです。)

20年以上の投資期間があるのであれば株式多めのポートフォリオ

20年以上の投資期間があるのであれば、株式を多めに組み込んだポートフォリオを作りましょう。

敗者のゲーム
【引用】敗者のゲームより

上の図は長期で株・債権・現金を運用した場合の収益変動幅です。

1年では株式は最もリスク(収益のブレ幅)が大きい投資ですが、長期で見ると最もリターンの高い投資商品です。

長期投資の場合は、インフレを加味しないといけません。

債権・現金の長期運用はインフレ負けする可能性が高いのです。

わかりやすくいうと、今年100円で1個買えたりんごが、20年後には200円出さないと1個のりんごが買えなくなるのと同じです。

インフレはお金の価値が減っていくことを言います。

長期投資ではインフレに負けない投資商品を選ばないといけません。

上の図で見ると収益変動幅がプラスの範囲に入っているのは、株式のみとなっています。

長期投資では、株式がリターンがよくなる可能性が高い商品と言えます。

つみたてNISAやiDeCoでは株式メインのポートフォリオにする必要があります。

つみたてNISAとiDeCoは老後資金のため

つみたてNISAとiDeCoは何のためにやっていますか?

目的がない投資は、もっとも危険です。

つみたてNISAやiDeCoは、老後資金のための投資であると理解をしておきましょう。

老後資金のための投資と目的が決まれば、どのような投資商品に投資をすればいいかが見えてきます。

目的:老後資金のため

方針:長期投資で資産の最大化をする

投資商品:長期のインフレに負けない株式メイン

目的がブレブレの投資だと、誰かがおすすめしたから・この商品がいいからとコロコロと投資商品を変えることになってしまいます。

投資では複利の力を活かすには、同じ商品に投資を続ける必要があります。

目的を決めることでブレない投資ができて、資産を大きくふやすことができるようになります。

楽天証券でつみたてNISAとiDeCoを併用した時のポートフォリオ例

投資

それでは具体的な例として、楽天証券でつみたてNISAとiDeCoを併用した時のポートフォリオを紹介します。

つみたてNISAでは楽天・全米株式インデックス・ファンド

つみたてNISAでは20年間アメリカに投資ができる、楽天・全米株式インデックス・ファンドを私はおすすめします。

理由は今から20年間アメリカに投資をし続けても、アメリカ経済は成長をしている可能性が高いと考えるからです。

下の図をご覧ください。

アメリカの人口は2050までの予測でも増加をする可能性があると考えられます。

人口が増えるということは、モノの消費も増えるので経済が成長する可能性があると言えます。

2020年からつみたてNISAを始めても、非課税期間が終了する2040年にはアメリカにはまだ成長余地があると考えられます。

つみたてNISAの20年間の非課税期間をアメリカの経済の成長に乗っかれば、資産を増やすことができると私は考えています。

iDeCoでは楽天・全世界株式インデックス・ファンド

iDeCoでは全世界の株式に投資ができる、楽天・全世界株式インデックス・ファンドを選んでみました。

理由としては、iDeCoはつみたてNISAより投資期間が長くなる可能性があり、ある程度のリスク分散が必要と考えたからです。

iDeCoでは60歳までは原則引き出しができません。

新卒の22際から始めた場合、38年間もの投資期間があります。

つみたてNISAよりも長期の投資になる可能性は高いです。

そこでアメリカ以外の国成長も取りこぼさないように、全世界株式のファンドを選んでみました。

全世界の株式に分散投資することで、今後成長してくるであろう中国やインドなどの成長にも便乗することができます。

つみたてNISAとiDeCoを併用する時の金額配分

ポートフォリオ

つみたてNISAとiDeCoを併用する場合、金額の配分はつみたてNISAの方に重点をおきましょう。

投資に回すお金が少ないならつみたてNISA優先

若い世代の場合、投資に回すお金が少ない可能性があります。

毎月同じ額を投資に回せない場合は、つみたてNISAを優先しましょう。

iDeCoを優先しない理由は2つあります。

  • 一度始めると解約ができない
  • 掛け金を変更できるのは1年に1回のみ

投資に回せるお金が少ないうちは、掛け金を変更できるつみたてNISAをメインに投資をしてくべきです。

お金に余裕が出てきたらiDeCoの掛け金を増やす

毎月の投資に回せるお金の余裕が出てきたら、iDeCoの掛け金を増やしていきましょう。

iDeCoは老後年金として使うのであれば、かなり大きな税制優遇措置があります。

  • 掛け金は全額所得控除
  • 配当金・売却益は非課税
  • 受け取り時の税制優遇

これでもかというくらいの税金面でのメリットがたくさんあります。

iDeCoは老後だけでなく、現役で働いている間にも所得控除のメリットがあります。

できるだけ投資に回せる資金をつくり、つみたてNISAとiDeCoは掛け金の上限まで投資をしておきたいです。

しかしライフプランの変化の激しい若いうちは、無理に掛け金を上げすぎないように気をつけましょう。

生活費まで投資に回すことはかなり危険があります。

自分のお財布事情と相談をしましょう。

まとめ

つみたてNISAとiDeCoを併用する場合のポートフォリオは、長期投資が基本になります。

長期の投資で最もリターンがよくなるのが株式です。

株式をメインとしたポートフォリオを作るようにしましょう。

国が用意した税制優遇を最大限利用して、資産の最大化を目指していきましょう。

それではまた。

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です