投資のニュース

ウェルスナビが上場!今後の動きを予想

IPO

こんにちは。かみや(@kamiyafarm)です。

2020年12月22日にウェルスナビが、東証マザーズに上場しました。

おめでとうございます。

ウェルスナビが上場した際の株価や、今後のウェルスナビの動きを予想してみました。

ウェルスナビが上場!今後の動きを予想

idea

2020年12月22日にウェルスナビが、東証マザーズに上場しました。

上場した時の初値は、1,725円でした。

ウェルスナビ上場のニュース

ウェルスナビの上場のニュースは、以下のようになっています。

ロボットが資産運用するロボアドバイザー国内最大手のウェルスナビが東証マザーズに22日新規上場した。公開価格から計算される時価総額は517億円。今年のIPOでは雪国まいたけ(877億円)とローランド(848億円)に次ぐ規模で、再上場のIPOを除くと最大となる。

bloombergより

今回のウェルスナビの上場は、投資家にとっては好意的に見られたと考えられます。

なんといっても、規模が大きいIPOでした。

ウェルスナビ上場後の株価

ウェルスナビ上場後の初値は、1,725円でした。

IPO価格を50%上回る水準で取引が行われました。

IPOに申し込んで当選した方は、無事に利益を得ることができたでしょう。

ウェルスナビの今後の動き

株

私は今後ウェルスナビがとる行動は、2つあるのではないかと考えています。

  • 手数料の値下げ
  • 資産運用のアドバイスするサービスの立ち上げ

それぞれ詳しく説明します。

手数料の値下げ

私はウェルスナビが、優位に立つために手数料を値下げするのではないかと考えています。

ウェルスナビの手数料は、現在1%です。

他のロボアドバイザーに関しても、手数料はおおよそ1%です。

ウェルスナビは、手数料を下げることでさらに顧客を呼び込む可能性があるのではないでしょうか?

投資においては、手数料の安さが将来の利益(リターン)に大きな影響をもたらします。

手数料1%というのは、決して安い手数料ではありません。

私としては、他人におすすめしたいとは思わないです。

ウェルスナビを利用する、3分の1の人が投資初心者とされています。

しかし、投資をよくわからない人にとって、ウェルスナビに任せられるのは良いのかもしれません。

すでにウェルスナビで投資している人が、ウェルスナビを続けて手数料が下がれば、ウェルスナビをやめる必要はなくなりそうです。

ただし、いまからウェルスナビを始めるのはおすすめはしません。

理由は下の記事でまとめています。

ダメ
【必見】ウェルスナビで投資をやめたほうがいい人【全員です】ウェルスナビなどのロボアドバイザーを使って投資はやめたほうがいいのか?私はウェルスナビはおすすめしません。理由は手数料が高すぎるからです。ウェルスナビをやめたほうがいい理由を解説します。...

資産運用のアドバイスするサービスの立ち上げ

ウェルスナビは、資産の売買・リバランスなどを主に行ってくれるサービスです。

ロボアドバイザーの知見を活かして、他の資産運用のサービスを立ち上げることもありそうです。

海外の資産運用のサービスはたくさんあります。

しかし日本で展開されているサービスは、資産の売買・リバランスが主になっています。

日本にはまだない資産運用のサービスを、今後ウェルスナビが取り入れていく可能性は十分あるでしょう。

日本人は金融リテラシーが低いことで有名ですから、穴埋めできるサービスが今後誕生しそうです。

金融とテクノロジー(IT)について、海外の事例が知りたい人はこの本がおすすめです。

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です