投資の考え方

【悲報】ネオモバで儲からないたった一つの理由【少額投資だから】

いまいち
悩んでいる人

SBIネオモバイル証券は儲からないって聞いたけど本当かな?

SBIネオモバイル証券(通称:ネオモバ)は、儲かるのかという意見はたくさんあります。

しかし、声を大にして言います。「ネオモバでは儲かりません!

結論をタイトルで書いていますが、少額投資では儲かったとしても数万円の話です。

これでは生活はできません。

ではネオモバでの投資は諦めるべきなのでしょうか?

実はそうでもなかったりします。

ネオモバを現在使っている私が、上手な使い方を解説します。

【悲報】ネオモバで儲からないたった一つの理由【少額投資だから】

貯金

冒頭でも説明した通り、残念ながら少額投資では儲かりません。

ネオモバで少額投資をしても対して増えない

ネオモバで100万円を投資したとしましょう。

100万円を年5%で運用したとしても、5万円です。

これでは生活が成り立ちません。

一方1億円を年3%で運用したらどうでしょう?

1年で300万円のリターンです。

投資に回せる金額が多ければ、下手な投資でも生活ができてしまいます。

50万円や100万円をネオモバで投資しても、対して増えないことがよくわかります。

生活費を賄うには〇〇円の投資が必要

ここでシミュレーションをしておきましょう。

毎月10万円の生活費を賄うためには、

目標とする年リターン必要な投資額
3%40,000,000(4千万)
4%30,000,000(3千万)
5%24,000,000(2千4百万)
6%20,000,000(2千万)
税金などは考慮してません

ざっとこのくらいの投資金額が必要になります。

これほどの額はすぐには用意できないですよね?

生活費を投資のリターンだけでまかなうためには、相当な額の投資金額が必要です。

ネオモバをやるなら気をつけたいデメリット

注意

ネオモバは少額で、ポイントを使って投資をできるので大変人気です。

しかしネオモバにもデメリットはあります。

  • 個別株の分析には時間がかかる
  • ネオモバで個別株を買うのはアクティブ運用

この2つはネオモバで投資をするなら、抑えておきたいポイントです。

個別株の分析には時間がかかる

個別株に投資をするわけですから、投資する会社がちゃんと成長するのか・いい会社なのか分析しないといけません。

ネオモバの画面はシンプルにできていますが、個別株を分析するのには向いていません。

ここからわかる情報は、

  • 現在値
  • 配当利回り
  • ここ最近の値動き

これだけでは、いい会社なのか判断がつかないです。

ネオモバだけでは判断ができないので、自然と他のサイトや四季報などで分析しないといけません。

忙しい人が、個別株の分析を10社もやっている時間なんてないでしょう。

それに初心者がいきなり分析をすると言っても無理があります。

ネオモバで個別株を買うのはアクティブ運用

個別株を買うということは、特定の株のみに集中投資する。

つまり、アクティブ運用をするということです。

実はアクティブ運用は、市場平均のリターンより低くなることが多いのです。

敗者のゲーム
【引用】敗者のゲームより

上の図はアクティブ運用のファンドが、S&P500(アメリカの指数)に買っている比率です。

市場に勝ったアクティブ運用のファンドは、毎年平均して32%ほどです。

毎年市場平均に勝ち続けているアクティブファンドは、さらに数が少ないでしょう。

ネオモバで個別株を勝っていくということは、「私はアクティブ運用のファンドを自分で作って、アクティブ運用で利益を出します!」と言っているのと同じです。

かなりレベルの高いことをしていることがわかるのではないでしょうか?

ネオモバを上手に使う方法

方法
悩んでいる人

え?ネオモバで投資するのは結構意味なさそう。

やらない方がいいのかな?

とはいえ、ネオモバにも上手な使い道はあります。

ネオモバの上手な使い方は、以下の2つです。

  • ネオモバを株主優待専用にする
  • ネオモバに株式を移管して売却する

ネオモバを株主優待専用にする

ネオモバは株主優待を狙っていくのに向いているといえます。

例えば、株主優待で有名なオリックスの株を100株買うとしましょう。

1株1,600円ほどですから、株主優待をもらうには16万ほど投資をしないといけません。

一度に16万を出すのは難しいですよね?でも、1万円ずつなら可能でしょう。

株主優待の株をコツコツ買い集めることで、株主優待をゲットできます。

株主優待であればそこまで株の分析をしなくても、欲しい優待品で決めればOKです。

ネオモバで儲けるよりは、優待で生活を楽にする・楽しむ方がいいでしょう。

ネオモバに株式を移管して売却する

ネオモバは一定額の約定金額までは、月220円で利用ができます。

これを利用して、他の証券会社で買った株式を小分けにして売却します。

他の証券会社で100株未満で株を売ろうとすると、余計な手数料が取られます。

なぜなら日本の株の取引は、100株1単元単位が基本だからです。

1度に売ってしまうのは、損をするかもしれないからという時は、ネオモバに他の証券会社から株式を移管しましょう。

ネオモバに移管することで、10株単位で株式の売却がしやすくなります。

まとめ

ネオモバで投資をしても儲からないのは、少額投資だからです。

投資で生活費をまかないたい場合は、副業するなり・転職するなり投資に回せるお金を増やす必要があります。

なかなか儲からないネオモバでは、株主優待専用として使う方法がおすすめです。

夢の株主優待生活を目指して、株をコツコツと買い集めていけます。

それではまた。

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です