投資資金の作り方

あなたはマネーリテラシーが低い?簡単にチェックできる方法

質問

こんにちは。かみやです。

皆さんは自分のマネーリテラシーは高いと思いますか?

5問の質問に答えて、マネーリテラシーが高いかチェックしてみましょう。

答えもわかりやすく解説しているので、勉強にどうぞ。

あなたはマネーリテラシーが低い?

選択肢のクイズを5問出題します。

内容は金融広報中央委員会の物を利用しています。

メモを用意して、選んだ番号を覚えておきましょう。

マネーリテラシークイズ 問1

問1 家計の行動に関する次の記述のうち、適切でないものはどれでしょうか。

  1. 家計簿などで、収支を管理する
  2. 本当に必要か、収入はあるかなどを考えたうえで、支出をするかどうかを判断する
  3.  収入のうち、一定額を天引きにするなどの方法により、貯蓄を行う
  4. 支払いを遅らせるため、クレジットカードの分割払いを多用する
  5. わからない

マネーリテラシークイズ 問2

問2 一般に「人生の3大費用」といえば、何を指すでしょうか。

  1. 一生涯の生活費、子の教育費、医療費
  2. 子の教育費、住宅購入費、老後の生活費
  3. 住宅購入費、医療費、親の介護費
  4. わからない

マネーリテラシークイズ 問3

問3 金利が上がっていくときに、資金の運用(預金等)、借入れについて適切な対応はどれでしょうか。

  1. 運用は固定金利、借入れは固定金利にする
  2. 運用は固定金利、借入れは変動金利にする
  3. 運用は変動金利、借入れは固定金利にする
  4. 運用は変動金利、借入れは変動金利にする
  5. わからない

マネーリテラシークイズ 問4

問4 10万円の借入れがあり、借入金利は複利で年率20%です。返済をしないと、この金利では、何年で残高は倍になるでしょうか。

  1. 2年未満
  2. 2年以上5年未満
  3. 5年以上10年未満
  4. 10年以上
  5. わからない

マネーリテラシークイズ 問5

問5 金融商品の契約についてトラブルが発生した際に利用する相談窓口や制度として、適切でないものはどれでしょうか。

  1. 消費生活センター
  2. 金融ADR制度
  3. 格付会社
  4. 弁護士

マネーリテラシークイズの回答

答え

さてではいよいよ答え合わせの時間です。

難問でしたか?

答えは以下のようになります。

正解
問1
問2
問3
問4
問5

1問20点で100点満点です。

何問正解できましたか?

マネーリテラシーの全国平均点

マネーリテラシークイズの全国平均点は、52.6点です。

平均以上になりましたか?

それぞれの問の正答率は全国で以下のようになっています。

正答率
問155.2 %
問247.4 %
問346.0 %
問442.0 %
問572.2 %

それでは、それぞれの回答の詳しい解説をしていきますね。

マネーリテラシークイズの解説

内容が少し難しいものもあるので、わかりやすく解説していきます。

マネーリテラシークイズ 問1の解説

問1 家計の行動に関する次の記述のうち、適切でないものはどれでしょうか。

答え 支払いを遅らせるため、クレジットカードの分割払いを多用する

クレジットカードは、分割払いをすると手数料が発生します。

手数料は以下のようになっています。

支払い回数手数料(100円あたり)
一括0円
2回0円
3回2.01円
5回3.35円
10回6.70円
12回8.04
24回16.08
三井住友VISAカードより

5万円の買い物を5回払いで払った場合は、手数料も含め合計51,675円払うことになります。

分割をして支払いをすると、余計な手数料を払わないといけないで家計にとってはマイナスです。

分割払いは使わないようにしましょう。

マネーリテラシークイズ 問2の解説

問2 一般に「人生の3大費用」といえば、何を指すでしょうか。

答え 子の教育費、住宅購入費、老後の生活費

人生の3大費用は、教育費・住宅購入費・老後の生活費です。

現在子供の教育費は、

  • 幼稚園から大学まで公立 約800万円
  • 幼稚園から大学まで私立 約2,200万円

かかると言われています。

大学の学費が年々増加しているので、今後も子供の教育費は増えていくでしょう。

マイホームを買うには多額の費用がかかります。

多くの人は35年ローンなどを組んで、支払いをしていくことになります。

終身雇用が当たり前の昭和なら通用するかもしれませんが、今後は住宅ローンが組めないサラリーマンも増えるでしょう。

現在は65歳定年でさらに、長寿化しているので必然的に老後が長くなっています。

老後2,000万円問題もあったように、老後の費用が多くかかるようになるでしょう。

マネーリテラシークイズ 問3の解説

問3 金利が上がっていくときに、資金の運用(預金等)、借入れについて適切な対応はどれでしょうか。

答え 運用は変動金利、借入れは固定金利にする

金利が1%から2%になったとします。

100万円を年率1%または2%で運用・借入すると、

1%2%
運用101万円102万円
借入101万円102万円

運用する場合は、金利が上がればその分リターンが増えます。

しかし借入(借金)の場合、金利が上がると返さないといけない借金が増えてしまいます。

金利が上がっていく場合は、運用は金利が変動(上昇)にした方が利益が大きくなります。

一方借入は固定にすることで、返さないといけない借金を増やさずにすみます。

マネーリテラシークイズ 問4の解説

問4 10万円の借入れがあり、借入金利は複利で年率20%です。返済をしないと、この金利では、何年で残高は倍になるでしょうか。

答え 2年以上5年未満

ここでは複利と単利を理解しておきましょう。

単利と複利でどのように変化していくかグラフでみてみましょう。

問4と同じように10万円の借入を年率20%で単利と複利で残高を比べてみます。

単利複利
1年目12万円12万円
2年目14万円14万4千円
3年目16万円約17万2千円
4年目18万円約20万7千円
5年目20万円約24万8千円

複利で増えると、物凄いスピードで残高が増えていきます。

複利お金を増やしても、複利でお金を借りてはいけません。

マネーリテラシークイズ 問5の解説

問5 金融商品の契約についてトラブルが発生した際に利用する相談窓口や制度として、適切でないものはどれでしょうか。

答え 格付会社

格付け会社は、借金をしている企業や国がちゃんと借金を返してくれるかランクをつけています。

金融商品でトラブルがあっても、格付け会社では問題は解決できません。

もし何か金融関係でトラブルがあれば、まずは消費生活センターで相談してみましょう。

マネーリテラシーは必修科目

マネーリテラシーは、今後長い人生を生きていく上で必須の知識です。

今のうちからコツコツと知識をつけていきましょう。

基本的なマネーリテラシーは、本で学ぶことができます。

私はこの本でお金の基本を学びました。

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です