投資の考え方

貸株のデメリットは何?【税金で問題があります】

リスク
悩んでいる人

貸株に興味があるけどデメリットは何かあるのかな?

こんな質問にお答えします。

結論から言うと、貸株をすると税金面でデメリットが発生する可能性があります。

この記事の内容

  • 貸株のデメリット
  • 貸株のデメリットを回避する方法

この記事を読むことで貸株のデメリットを回避する方法を知ることができます。

貸株のデメリットは何?【税金で問題があります】

貸株のデメリットは税金の控除で問題がある点です。

そもそも貸株とは?

貸株は自分が持っている株式を証券会社に貸して、証券会社から貸株の金利を受け取れるものです。

SBI証券より

銀行に預金して預金金利をもらう流れと同じです。

貸株の金利は雑所得になる

貸株で得られる金利は、「雑所得」に分類されます。

配当金で得られる金額は、「配当所得」になります。

所得には分類が10種類あります。

利子所得公社債や預貯金の利子、貸付信託や
公社債投信の収益の分配などから生じる所得をいいます。
配当所得株式の配当、証券投資信託の収益の分配、
出資の剰余金の分配などから生じる所得をいいます。
不動産所得不動産、土地の上に存する権利、船舶、
航空機の貸付けなどから生じる所得をいいます。
事業所得商業・工業・農業・漁業・自由業など、
事業から生じる所得をいいます。
給与所得給料・賞与などの所得をいいます。
退職所得退職によって受ける所得をいいます。
山林所得5年を超えて所有していた山林を伐採して売ったり、
又は立木のまま売った所得をいいます。
譲渡所得事業用の固定資産や家庭用の資産などを売った所得をいいます。
一時所得クイズの賞金や満期保険金などの所得をいいます。
雑所得年金や恩給などの公的年金等、非営業用貸金の利子、
原稿料や印税、講演料などのように、他の9種類の所得の
どれにも属さない所得をいいます。
知るぽるとより

貸株をしている間に配当金があった場合は、配当金の代わりとして「配当金相当額」が支払われます。

配当金相当額は、雑所得に分類されます。

雑所得と配当所得では、税金のかかり方が変わってきます。

貸株のデメリット:節税しにくい

貸株のデメリットは、節税がしにくい点です。

貸株の利益は雑所得になります。

貸株の雑所得では、投資をするときに使える控除が使えないのです。

貸株の雑所得の場合、使えない控除は3つです。

  • 損益通算
  • 配当控除
  • 外国税控除

貸株していることで、配当金を配当相当額で受け取ることになると、雑所得扱いになります。

雑所得扱いになると、配当所得で受けられるはずの節税ができなくなってしまいます。

貸株のデメリットを回避する方法

貸株のデメリットを回避する方法は3つあります。

貸株を一時解約する

配当金が発生する月に貸株を一時解約することで、配当金として受け取ることができます。

貸株の解約には時間がかかる場合があります。

配当金が発生する月を覚えておく必要があります。

複数の銘柄を持っている場合は、貸株を一時解約するのは少し面倒です。

日本株の場合だと、配当金が発生する月に自動的に貸株を一時解約してくれます。

株主優待・予想有配優先設定にする

この設定は楽天証券ですることができます。

株主優待と配当金どちらももらえる美味しい制度です。

SBI証券では配当金は、配当金相当額として受け取ることになります。

楽天証券で日本株を持っている人は、株主優待・予想有配優先設定をしましょう。

SBI証券では、手動で設定しないといけません。

配当がない株を貸株にする

配当しない株であれば、貸株に出しっぱなしでも問題がありません。

無配の株式を保有するだけでなく、貸し出しすることで金利を稼ぐことが可能です。

配当を出さない企業は、成長を優先している企業で多いです。

逆に配当をたくさん出す会社は、これ以上成長の余地がない企業が多かったりします。

まとめ

貸株はデメリットもありますが、上手に使えれば金利も受け取れる美味しい制度です。

自分で貸し出す株・貸し出さない株を選択して、少しでもリターンを増やせるようにしていきましょう。

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です