投資の考え方

【保存版】投資初心者のための投資の始め方完全ガイド

貯金

みなさん。はじめまして。かみやです。

これから投資を始めようと思っている人に、投資がスムーズに始められるよう、投資の始め方のガイドを作りました。

投資をしてみようと思う方が、どう始めたらいいのかを詳しく説明しています。

この記事を書いている私は、投資を始めて3年目になります。

私が今の投資方法で、確実な資産形成ができるようになりました。

この記事を読むことで、投資の始め方がはっきりとわかります。

投資初心者のための投資の始め方完全ガイド

資産形成

今から投資を始めるのであれば、以下の順番で準備をしていきましょう。

  1. 投資の目的を決める
  2. どのような投資をするか決める
  3. 投資用の口座を開設する
  4. 投資商品を選ぶ

それぞれの流れを詳しく解説していきます。

流れ①:投資の目的を決める

投資を始めるときは、目的を持つ必要があります。

あなたは、なぜ投資をしようと思ったのですか?

  • 老後の資金のため
  • 預金では増えないから
  • 将来が不安だから

こんな理由が思い浮かぶかもしれません。

投資をするときは、目的をしっかりと立てないと、どんな投資商品を選べばいいか決められません。

投資の目的が決まらないということは、野球をする目的があるのに、テニスのラケットで野球をしようとするようなものです。

老後資金のための投資なのに、ビットコインやFXでお金を増やそうとするのは、チグハグな投資方法と言えます。

まずは、どうして投資をするのか目的を決めてみましょう。

流れ②:どのような投資をするか決める

目的が決まったら、どのような投資をするか決めます。

具体例をあげないとイメージしにくいので、ここからは投資の目的を決めておきます。

投資の目的(例)

長生きすることで老後の資金が足りなくなるのを防ぐため

上記のような目的で今から投資をするのであれば、つみたてNISAやiDeCoを使って、株式や債券に長期・分散・積立投資をしましょう。

つみたてNISAやiDeCoは、国が用意してくれた税金面でお得な制度です。

つみたてNISAやiDeCoの制度をフルに活用して老後資金を作っていきましょう。

つみたてNISAやiDeCoでは、投資できる商品が限られています。

しかし、国が認めた比較的リスクの低い商品のみにしか投資ができません。

初めて投資をする人でも、安心して投資をすることが可能になっています。

今から投資を始めるのであれば、下のような順番で投資を始めてみましょう。

  1. つみたてNISA
  2. iDeCo
  3. 自分で株や債券を買ってみる

まずは、つみたてNISAから始めて、余裕があればiDeCoにも挑戦をしてみましょう。

つみたてNISAの方が、融通が利く制度になっています。

そして、自分で株や債券を買うのは後回しです。

知識が浅いうちに手を出すと、痛い目にあいます。(経験談)

流れ③:投資用の口座を開設する

投資用の口座は、証券会社で開くことができます。

今からつみたてNISAやiDeCoで投資を始めるのであれば、おすすめの証券口座は2つです。

  • 楽天証券
  • SBI証券

この2つもしくは、どちらかの口座を開設しておけばOKです。

つみたてNISAは楽天証券

つみたてNISAを始めるのであれば、楽天証券でつみたてNISAの口座を開設しておきましょう。

楽天証券というところで、つみたてNISAを始めるメリットは、楽天カードで投資ができるからです。

もちろん楽天カードで投資した分には、楽天ポイントが付きます。

楽天ポイントも使って投資もできるので、まずは手始めに楽天証券からつみたてNISAを始めてみましょう。

メガバンクや地方銀行でもつみたてNISAを始めることはできます。

しかし、投資できる商品が少ないなどのデメリットが多いです。

>>楽天証券でつみたてNISA口座を開設する

iDeCoはSBI証券

iDeCoを始めるのであれば、SBI証券がおすすめです。

SBI証券のiDeCoは、

  • 投資商品が他の証券会社のiDeCoよりも豊富
  • 投資商品の手数料が安い

というメリットがあります。

iDeCoは65歳までの長期投資になります。

長期間の投資における手数料は、将来のリターンの違いに大きな違いを生みます。

iDeCoでは手数料が安い投資商品を選びましょう。

>>SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ ※電話サポート付き

流れ④:投資商品を選ぶ

投資用の口座が準備できたら、いよいよ投資商品選びです。

つみたてNISAやiDeCoで選べる投資商品は、投資信託というものです。

投資信託は、株式や債券の詰め合わせパックのようなものです。

自分で個別の株式や債券を選ぶ必要がありません。

そして投資信託の中でも、パッシブ運用の投資信託を選びましょう。

パッシブ運用の投資信託というのは、日経平均やTOPIXと言った、市場平均と同じような値動きをする投資商品です。

誰でも簡単に市場平均と同じ結果を出せてしまうのです。

学校でいうなら、勉強しなくても確実に平均点を取れてしまうのと同じです。

つみたてNISAで投資商品を選ぶ場合は、下の記事を参考にしてみてください。

投資
初心者におすすめのつみたてNISAの銘柄を紹介【選び方も解説】つみたてNISAでどんな銘柄に投資をすれば良いかわからないですよね?初心者にもわかるようにおすすめの銘柄と銘柄の選び方を解説します。...

iDeCoでも商品の選び方は、つみたてNISAとほとんど同じです。

しかし、つみたてNISAと違うのはiDeCoはさらに超長期の投資になるということです。

20代から投資を始めたら、40年間以上投資を続けることになります。

リスク
【必見】確実に損するiDeCoの運用方法【商品選びが重要】iDeCoは確実に損する運用方法があります。損する方法を回避するには商品選びをしっかりと行う必要があります。自分の老後年金のためにしっかりと利益の出る商品を選びましょう。...

投資初心者がやってはいけない投資法

失敗

今まではどんな投資をすればいいかに注目していましたが、やってはいけない投資方法も知っておきましょう。

投資ではやらないことをはっきりとさせておけば、しっかりとした軸のある投資をすることができます。

私が考える初心者がやってはいけない投資は、以下の3つです。

  • 個別の株式や債券いきなり購入する
  • 投資商品を頻繁に売買する
  • ロボアドバイザー(AI)を使った投資をする

それぞれ解説していきます。

個別の株式や債券いきなり購入する

例えは日本の大企業のトヨタの株を買ったとしましょう。

大企業だと安心していても、大企業でも簡単につぶれてしまう時代です。

1つの会社の株式や債券を買うということは、とてもリスクのある投資です。

初心者がいきなり個別の投資を始めるのは、あまりおすすめできません。

私は個別株を買う投資から始めて、大失敗をしました。

まずは、株式や債券の詰め合わせパックの投資信託から始めてみましょう

投資商品を頻繁に売買する

投資商品を頻繁に売買すると、将来の利益を大きく減らすことになります。

投資の世界でも複利の力が働きます。

同じ投資商品に投資を続けることで、資産を雪だるまを転がすようにだんだんと大きくすることができます。

しかし、複利の力はすぐに目に見えて大きくなるものではありません。

投資ではすぐにお金は増えません。

じっくりと待てる人だけが、将来大きな利益を手にできます。

ちょっと利益が出たから売ってしまおうというのは、バナナを完熟する前に食べてしまうのと同じです。

バナナも黒い点が出てくるまで待った方が、甘くておいしいですよね?

投資商品の頻繁な売買は、将来のおいしさを味わえないもったいない行為です。

ロボアドバイザー(AI)を使った投資をする

投資初心者でも簡単にできるAIによる投資が最近人気です。

しかし、このAIを使ったロボアドバイザーは決して使ってはいけません。

なぜなら、ロボアドバイザーはあなたの資産を減らすことに貢献しますが、増やしてはくれないからです。

ロボアドバイザーの手数料は、投資した金額の1%くらいです。

これがどれほど大きのか、自分で投資した場合と比べてみましょう。

毎月5万円を20年間投資したとしましょう。(税金などは考慮していません。)

年5%のリターンの投資商品に投資したとしましょう。

手数料実質的なリターン
(5%ー手数料)
20年後の金額
自分で投資0.1%4.9%20,316,060
ロボアドバイザーで投資1%4%18,338,731

200万円の差になります。

自分で投資をするだけで、200万円は自分のものです。

投資に必要なスキルは、たったの3つです。

  • 日本語を読むスキル
  • ボタンをクリックするスキル
  • 投資商品を毎月買うだけのお金を用意するスキル

とっても簡単です。わざわざAIに代わりにやってもらう必要はありませんよね?

バイトしている大学生でもできてしまいます。

ロボアドバイザー(AI)を使った投資は、あなたの将来の利益を減らすだけです。

自分で投資をしましょう。

ロボアドバイザー(ウェルスナビ)については、下の記事でまとめています。

ダメ
【必見】ウェルスナビで投資をやめたほうがいい人【全員です】ウェルスナビなどのロボアドバイザーを使って投資はやめたほうがいいのか?私はウェルスナビはおすすめしません。理由は手数料が高すぎるからです。ウェルスナビをやめたほうがいい理由を解説します。...

まとめ

これから投資をするのであれば、まずは以下の流れで準備をしてみてください。

  1. 投資の目的を決める
  2. どのような投資をするか決める
  3. 投資用の口座を開設する
  4. 投資商品を選ぶ

この流れに沿って投資をしていけば、確実に将来資産を築くことが可能です。

投資は難しいものではありません。

投資用の口座を開いてしまえば、後はとっても簡単です。

もしわからないことがあれば、TwitterのDMで遠慮なくご質問ください。

できる範囲で、あなたの資産形成をアドバイスさせていただきます。

それでは、良い資産形成のスタートを!

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です