やってはいけない投資法

投資で失敗する人の特徴5選【自分の行動を振り返ろう】

失敗

こんにちは。かみやです。

先日こんなTweetをしました。

投資で失敗する人の特徴は、 ・投資の目的を決めていない ・自分で考えて投資をしていない ・有名な投資家の後追いをする ・短期で結果を出そうとする ・手数料を考えていない どれかにあってたら、投資の行動を変えていきましょう。投資には成功方法はいくつもありますが、失敗方法は決まってます。

投資で成功のルートはいくつもありますが、失敗のルートははっきりとわかっています。

投資で失敗しないためにも、失敗する方法を避けて投資をすれば成功に近づいていきます。

投資で失敗する人の特徴5選

失敗

投資で失敗する人の特徴としては、自分で考えて行動せず他人の意見で決めてしまいます。

その1:投資の目的を決めていない

投資をするときに最も大切なのが、投資の目的を決めることです。

旅行に行くときに、目的地を決めて旅行に行くことはないですよね?

いきなり空港に行って空いている飛行機に乗ることはないでしょう。

投資も同じで目的(ゴール)がないと、どのような投資をすれば良いか決めることができません。

20代から60代まで運用する年金代わりのための投資と、子供の教育費のための5年間の運用では投資の方法は全く違います。

投資の目的を決めずに投資をすることは、テニスラケットを持って野球のバッターボックスに入るのと同じくらいトンチンカンな行動です。

その2:自分で考えて投資をしていない

自分で考えて行動しないと、投資で成功するのは難しいです。

投資はどこまで行っても、自己責任の世界です。

自分で考え自分で決断することができないうちは、投資を始めるべきではないでしょう。

もし失敗したら他人を批難してしまうからです。

他の人がおすすめしたらから、親切に教えてくれたからといって鵜呑みにしないよう気をつけましょう。

その3:有名な投資家の後追いをする

有名な投資家の後追いをしても、投資で良い成績を出すことはできません。

なぜなら後追いは、高値で金融商品を買い安値で売ることになるからです。

例えばウォーレン・バフェット氏と同じ銘柄を買ったとしましょう。

先日バフェット氏が日本の商社の株を買っていたというニュースが出ました。

多くの人はニュースが発表された後買い始めるので、確実に高値で商社の株を買うことになります。

有名な投資家の後追いをすると、高値で買い安値で売る最低の投資をし続けることになってしまいます。

その4:短期で結果を出そうとする

残念ですが、短期の投資で成果を出すのはとても難しいです。

1年の投資では株価などの収益の変動幅がかなり大きく、大儲けするか大損するか誰にもわからないからです。

敗者のゲーム
【引用】敗者のゲームより

図のように1年間の投資では、50%以上得をするか40%近く損をする可能性があります。

1年の投資ではかなりギャンブル感があります。

しかし投資をする期間が長くなってくると、収益の変動幅がかなり狭くなりプラスのリターンが発生する可能性が高いことがわかります。

短期で結果を求めると、ギャンブルに近いものになりますが長期で投資をすることでプラスサムゲームに近づいていきます。

その5:手数料を考えていない

投資で失敗をする人は、手数料を気にしていないことが多いです。

投資の世界では、できるだけ手数料を抑えることが成功への道です。

高い手数料が高いリターンをもたらしてくれるとは限りません。

例えば銀行で投資信託を購入すると、購入手数料で1%かかり、信託報酬(預けている間かかる費用)で2%かかったりします。

100万円の投資信託を銀行で運用した時点で、100万円は97万円になってしまいます。

ネットの証券会社を使えば、年間0.5%以下の手数料しかかかりません。

手数料は投資では気をつけるべきことの1つです。少しでも低い手数料で投資をすることを考えましょう。

投資で失敗をしないためには

投資で失敗しないためには、やはり勉強をしていかないといけません。

投資の基本を勉強する

投資の基礎は本から勉強しましょう。

最近はYouTubeからでも十分に勉強はできます。

しかしYouTubeで投資の勉強をすると、YouTubeを運営している人のお勧めする投資方法しか勉強できません。

投資で失敗する方法は決まっていますが、成功する方法はいくつもあります。

1つの投資の方法にこだわらずに、いろいろな投資方法を知っておきましょう。

その中で自分に合った投資をしていくべきなのです。

私は投資の基本をこの本で勉強しました。

他人から勧められる投資商品はあやしいと考える

他人から勧められる投資商品は、一度あやしいと考えてみましょう。

あやしい投資商品はこんなやつです。

  • ワンルームマンション投資
  • 資産運用ができる保険
  • 投資の勉強ができる高額商材

こういったあやしい投資商品を勧められたら、こう切り返してください。

「自分でやれば儲かるのに、どうして自分でやらないの?」

これで怪しい投資商品とはオサラバできます。

自分の大切な資産を守るためには王道の投資をすべきで、自分が理解できない投資をしてはいけません。

小さな額で失敗を経験しておく

投資で失敗しないためには、少額で失敗を経験しておきましょう。

どんなに頑張っても投資では失敗は避けられません。

自転車に転ばずに乗れるようにはなりませんよね?

投資は自転車と同じです。

大金である退職金を手に初めて投資をすると、確実に損をすることにつながります。

小さな金額で投資の経験を積んでおくことが重要です。

まとめ

投資で失敗しないためには、少額で投資を始めながら常に学んでいく必要があります。

投資はどこまでも自己責任の世界です。

自分で考えて、決断をしていかなければいけません。

投資では失敗する方法は決まっています。

投資の失敗をできるだけ避けつつ、自分に合った投資をしていきましょう。

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です