投資の考え方

【最重要】投資初心者が最初にやるべきこと【目的を立てよう】

方法
投資初心者

投資を始めようと思うのだけれど、何から始めればいいのかな?

こんな質問にお答えします。

結論から言うと、投資初心者はまず投資の目的を立てる必要があります。

なぜなら、目的がなければどんな投資をすればいいか決められないからです。

この記事では、投資の目的・方針を決めるためのポイントをまとめたシートを無料で配布しています。

ぜひ自分なりの投資の目的を立てて、良い資産形成をしていきましょう。

【最重要】投資初心者が最初にやるべきこと【目的を立てよう】

注意

投資をするのであれば、まずは投資の目的を決める必要があります。

目的がなければ、どのような投資をすればいいのか決められないからです。

目的(ゴール)がなければ投資方法が決まらない

まずは、投資の目的(ゴール)を決めましょう。

あなたはどうして投資をしようと思ったのですか?

  • 老後資金のため
  • 子供の教育資金のため
  • 結婚資金のため

投資の目的によって、投資の方法は全く変わってきます。

例えば、1年後の子供の大学入学資金のために投資をするとしましょう。

敗者のゲーム
【引用】敗者のゲームより

株式で100万円を大学入学資金の投資をした場合、最悪100万円が70万円になる可能性もあります。

上のグラフのように1年間の株式投資では、最大150万円から最悪70万円程度になる可能性があります。

1年後の投資として、株式に投資するのは正しい方法ではないとわかります。

1年後の教育資金という目的のためには、現金で定期預金をしたほうが安全ですよね。

投資では、目的をしっかりと立てないと、投資方法が決められません。

かみや

投資の目的を立てないことは、野球のバットを持ってテニスをするようなチグハグな状態です。

目的がないと周囲に振り回される

投資をしたいと思うのは、少しでも自分のお金を増やしたいからですよね?

お金を増やす方法はたくさんあります。

自分の投資の目的がはっきりしないと、周囲に振り回されることになります。

目的のない投資では、投資方法がブレてしまいます。

  • Aさん:高配当株投資でセミリタイアを達成しました。
  • Bさん:FXで資産1億円になりました。
  • Cさん:米国個別株で自由な生活を実現しています。

こういった、他人の成功話に魅力を感じて、自分の投資方法をコロコロ変えることになります。

投資は頻繁な売買を繰り返すことで、将来の利益を減らすことがわかっています。

目的がない投資では、周囲の魅力的な投資方法に振り回されてしまいます。

私も自分の投資方法が決まらないうちは、周囲の投資方法に振り回されて、お金も時間も無駄にしました。

まずは、しっかりと自分の投資の目的を立ててみましょう。

自分の投資の目的・方法を守り続けることが確実に資産を作る近道です。

投資の目的・方針の作り方【無料でシートを配布】

貯金

それでは、投資の目的・方針の作り方を紹介していきます。

私(かみや)のサンプルのシートもついているので、参考にしながらあなたの投資の目的を立ててみてください。

誰でもラクラク資産形成シート(Googleスプレッドシート)

投資の目的・方針の作り方の順番

投資の目的・方針の作り方の順番は以下のとおりです。

  1. 投資の目的を明確にする
  2. 目的の達成のための株式・債権などの比率を決める
  3. 株式のポートフォリオの決定(国内・国外など)
  4. アクティブ運用・パッシブ運用の比率の決定
  5. 個別のファンドの決定
  6. アクティブ運用(個別銘柄などの売買)

上から順番に決めていくと、シンプルな投資ができます。

多くの人は、どのファンド(銘柄)に投資をするか考えてしまいます。

しかし、最も大切なことは投資の目的をはっきりさせることです。

①投資の目的を明確にする

自分がどうして投資をするのかをはっきりとさせましょう。

目的がはっきりしないと、周囲に振り回されたブレブレの投資になってしまいます。

  • 投資した資金はいつ使うのか
  • どうして必要なのか

自分の目的をはっきりとさせましょう。

私の投資の目的は、こんな感じです。

資産の最大化を目的とし、老年期において年金では足らない部分を補う。

今私は26歳なので、老後の資金を作るために40年近く時間があります。

どのくらい投資できる期間があるかで、どのような投資が向いているかが決まります。

②目的の達成のための株式・債権などの比率を決める

次は、目的の達成のために株式・債権の比率を決めます。

株式・債権の比率は、あなたがどのくらいリスクに耐えられるかによって変わります。

株価の上下が気になって安心して眠れない人は、高いリスクは取れないです。

よって株式と債券の比率は、債権が多い方がいいでしょう。

また投資できる期間が長い若い世代の場合は、株式の比率を多くした投資がいいでしょう。

長期投資では、株式への投資が最も魅力的な投資になります。

敗者のゲーム
【引用】敗者のゲームより

20年以上の投資では、株式のリターンはプラスの範囲に収まる可能性が高いです。

長期でお金を増やすなら、リターンが高い株式を選びましょう。

③株式のポートフォリオの決定(国内・国外など)

次にポートフォリオの中で最も比率が大きくなるであろう、株式の比率を決めます。

私達は日本に住み、日本円を使っています。

資産を分散するという意味では、日本以外への投資を増やしたほうがいいでしょう。

たとえ日本の経済が右肩下がりになっていても、他の国に投資をしていれば資産の減少を防ぐことができます。

私としては資産の比率は、国内・国外が30%と70%くらいがいいと考えています。

④アクティブ運用・パッシブ運用の比率の決定

アクティブ運用とパッシブ運用の比率を次に決めます。

基本的には、ほとんどの人はパッシブ運用100%で問題がありません。

アクティブ運用の商品が、市場平均を上回る結果を残せる可能性はとても低いです。

敗者のゲーム
【引用】敗者のゲームより

年間30%のファンドしか市場平均に勝てていません。

毎年市場平均に勝ち続けているファンドは、ほぼ皆無と言っていいでしょう。

市場平均のリターンを出すだけであれば、パッシブ運用のみで十分です。

⑤個別のファンド(投資商品)の決定

投資商品の決定は、順番としては5番目に大切なことです。

残念ながら多くの人が、投資商品の決定に最も多くの時間をかけています。

投資の目的・方法を決める①から④までを決めると、自然と⑤の個別ファンド(投資商品)は決まります。

個別ファンドは複数でも問題はありません。

私が選んだ個別ファンドは、3つです。

  • バンガード・トータル・ワールドストック(ETF)
  • SBI・全世界株式インデックス・ファンド(投資信託)
  • e MAXIS Slim 全世界株式

⑥アクティブ運用(個別銘柄などの売買)

最後のアクティブ運用は、自分で個別銘柄への投資です。

アクティブ運用は投資資金が少ないうちはする必要がありません。

いきなりアクティブ運用から始めると、価格の動きが気になりすぎてしまったりします。

まずはパッシブ運用の投資商品のみで、経験を積んでみましょう。

パッシブ運用の投資商品に投資が終わって、それでも投資資金が余った場合は、アクティブ運用をしてみましょう。

この順番で投資の目的・方法を作ってみましょう。

誰でもラクラク資産形成シート(Googleスプレッドシート)を使いながら自分の投資を作り上げてみましょう。

私のサンプルもあるので、参考にしてみてください。

投資初心者は今何から始めるべき?

質問

投資初心者が今から投資を始めるなら何から始めるべきかは、以前ツイートをしました。

私が今投資初心者なら、以下の順番で投資をしていきます。 ①つみたてNISA ②iDeCo ③米国ETF ④個別株 まずは国が用意した税制優遇がある、つみたてNISAやiDeCoを最大限使います。 個別株から始めると、損失が大きくなります。(体験済み) 投資信託などで価格の動きになれていきましょう。

つみたてNISAはネットの証券口座から

今から投資を始めるのであれば、ネットの証券口座でつみたてNISAを始めましょう。

ネットの証券口座なら投資商品も豊富にあり、手数料も安いものが多いです。

銀行でつみたてNISAをするのは、愚策中の愚策です。

銀行のつみたてNISAは、投資できる商品が少ない上に良い投資商品がありません。

私がおすすめできるネットの証券口座は2つです。

  • SBI証券
  • 楽天証券

どちらかでつみたてNISAの口座を開設しましょう。

楽天カードを使っているのであれば、ポイントを使って投資ができるので楽天証券がおすすめです。

楽天証券の口座を開設

まとめ

投資初心者が今から投資を始めるのであれば、まずは投資の目的をはっきりとさせましょう。

投資の目的が決まらなければ、どのような投資をすればいいか決めることができません。

自分の投資の目的・方法は投資を始める前にしっかりと決めておきましょう。

確実な資産形成をするなら必ずやるべきことです。

無料配布している、誰でもラクラク資産形成シートを使ってみてください。

もしわからないことがあれば、ツイッター(@kamiyafarm)にご連絡ください。

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です