投資の考え方

20代による20代のための投資の始め方【まずは行動が重要です】

初心者

こんにちは。かみやです。

先日こんなツイートをしました。

20代で投資をするなら、つみたてNISAから始めてみましょう。 長期投資で時間を味方につけつつ、少額の投資で練習ができます。 投資は身銭を切ってリスクを取らないと、経験が身につきません。本を読むだけではダメです。 人間損をしたくない生き物なので、損を回避できるよう必死になります。

20代からの投資の始め方を深掘りしていきます。

20代のための投資の始め方

スタート

20代の投資の始め方の基本を抑えておきましょう。

時間を味方にする

20代から投資を始めると、時間を味方につけることができます。

時間を味方につけるというのは、複利の力を最大限利用できるということです。

複利の力(赤線)をグラフで表すと下のようになります。

20代から投資を始めることで、お金を大きく増やすことが可能になります。

40代から始めるより30代。30代から始めるより20代です。

少額で失敗をする

20代のうちに投資をして少額のうちに失敗をしておきましょう。

人間どんなことをしていても失敗をします。

自転車で転ばずに乗れるようになった人はいないですよね?

少額で失敗をしておくのは、大きなメリットがあります。

  • 20代の10万円で5万円の損失を出す
  • 70代の退職金1000万円で500万の損失を出す

ダメージは明らかに後者の方が大きいです。

歳をとってから投資を始めると、大失敗につながります。

若いうちにリスクをとっておく

歳をとるとリスクを取らなくなる人がほとんどです。

あなたの両親は新しいことに挑戦したりしていますか?

年齢を重ねるごとに脳はリスクを取らなくなるようにできています。

若いうちにリスクをとって挑戦する癖をつけないと、挑戦ができなくなるようになる可能性が高いです。

大きな利益を求めるのであれば、リスクを取らないといけません。

投資でリスクをとる経験をすると、日常生活や仕事にも挑戦的になれます。

かみや

20代のうちからリスクをとって投資することで、大きな利益を得られるようになります。

20代が投資を始めるならつみたてNISA

スタート

20代が投資を始めるなら、つみたてNISAがおすすめです。

安い手数料で投資ができる

つみたてNISAは国が用意した制度で、投資する人にとっていくつかメリットがあります。

その1つが安い手数料で投資ができる点です。

つみたてNISAで購入できる金融商品は、手数料の上限が決まっています。

基本的には、ぼったくりに会う可能性はないと言えます。

何を投資していいかわからない初心者にとっては、優しい設計になっています。

比較的安全な投資商品

つみたてNISAは国が用意した制度なので、投資をしたら損失を必ず出すような金融商品が排除されています。

投資の世界はプロがウジャウジャいる世界です。

そこに全く知識のない人が、お金を握り締めて投資を始めたらどう思うでしょうか?

だいたいは「お!おいしいカモがきたぞ。」と思われます。

つみたてNISAで投資できる物は、カモられる可能性は低いと言えます。

つみたてNISAの銘柄の選び方

どっち

つみたてNISAの銘柄の選び方のコツは2つです。

パッシブ運用の銘柄

つみたてNISAでは、パッシブ運用されている銘柄を購入するといいです。

つみたてNISAの商品では2つの運用方法があります。

  • パッシブ運用 指数と同じ動きになるよう運用する
  • アクティブ運用 指数を上回る動きになるよう運用する

指数というのは、日経平均株価やTOPIXのことを言います。

たまにテレビに出てくるギザギザしたやつです。

パッシブ運用とアクティブ運用を見ると、アクティブ運用の方が利益がたくさん出そうと思えますよね?

しかし注意が必要で、指数を上回る運用をするということは、余分なコストがかかります。

アクティブ運用の方が、コストが割高になります。

コストが高くても、その分利益が出れば良いじゃんと思う人もいるでしょう。

残念ながらほとんどのアクティブ運用の商品は、パッシブ運用に負けています。

アクティブ運用はコストが高い割には、私たちに利益をもたらしてくれません。

パッシブ運用の商品を選びましょう。

国際分散投資

国際分散投資が大切です。

日本に住んでいるし、日本に投資すれば良いんじゃないと思うでしょう。

投資においては分散が大切なのです。

どうして分散が大切なのか説明します。

例えば日本は借金がたくさんあり、借金が返せなくなり破綻したとします。

そうすると、日本円の価値が大きく減ってしまいます。

日本から逃げ出そうとしても、価値のない日本円と交換してくれる人は誰もいません。

もし日本円だけでなく、米ドルやユーロを持っていたらどうでしょう?

日本が破綻しても米ドルやユーロの価値は減っていません。

分散をしていることで、もしもの時のリスクが減らせるわけです。

かみや

つみたてNISAで商品を選ぶ時は、幅広く世界に分散された商品を選びましょう。

やってはいけない投資4選

いらない

投資に成功方法はありませんが、失敗方法は必ずあります。

銀行から投資をする

投資をしたいなら銀行に行ってはいけません。

確実に損をする投資しかできません。

例えば、三菱UFJ銀行に行って「投資したいです。」と言います。

そうすると、こんな資料を渡されます。

グローバル・フィンテック株式ファンド<為替ヘッジあり>

  • 購入時手数料 3.3%
  • 信託報酬 1.925%

これを見て「なんだこれ!?」と思える人は、マネーリテラシーが高いです。

この投資商品は、買う時の手数料と維持するための手数料がかかるものです。

もし100万円をこの商品に投資したら、購入するときに33,000円、維持するのに19,250円かかります。

つまり投資した瞬間に、5万円近く損をしているわけです。

銀行で投資するのはぼったくりに会いにいくようなものです。

ちなみにつみたてNISAで投資できる商品はこのくらいです。

SBI・バンガード・S&P500

  • 購入時手数料 無料
  • 信託報酬 0.0938%

銀行で投資するのがバカらしく思えますよね?

生活費も投資資金にする

生活費も投資資金にするのは危険です。

全てを投資に回してしまうと、病気や事故が起きたときに生活が破綻してしまいます。

投資をする時は、なくなっても良いお金で投資をしましょう。

つまり、貯金がしっかりとできていない場合はまずは家計の収支を改善していきましょう。

家計の見直し方は、下の記事でまとめています。

悩み
【改善策あり】一人暮らしの社会人が貯金できない理由東京に住む一人暮らしの社会人は、貯金するのは難しいですよね?一人暮らしで貯金をできるようになるための対策を考えました。...

ワンルームマンション投資

たまに「ワンルームマンション投資は儲かる」なんて話を聞きませんか?

儲かる!じゃあ自分も投資しよう!というのは、カモにされます。

ワンルームマンション投資が儲かるなら、どうして自分1人でやらないのでしょうか?

1人で投資していれば、大儲けできるはずです。

自分で投資をしないで他人に進めるということは、それは儲からないということです。

かみや

他人に紹介される儲け話は、怪しいと思うようにしましょう。

高い情報商材を使った投資

投資に成功するために、高い情報商材は不要です。

例えば、50万円の情報商材を買ったとしましょう。

株式投資のリターンはおおよそ5%としても、50万円のもとをとるには、1000万円かかります。

そんな大金そもそもすぐに用意できないです。

高い情報商材は詐欺だと思いましょう。

投資に誰も知らない美味しい話はないと心得ておくべきです。

投資の勉強をするのであれば、本やネットで十分です。

投資の基本を知りたいのであれば、この本が良いですよ。

2,000円で投資の勉強ができます。

投資において大切なこと

大切

投資でお金を増やすことはできますが、残念ながら厳しい現実もあります。

100万円投資してもリターンは3万円

投資をしてどのくらい増えるのかは、リスクの取り方によって多少は違います。

しかし、だいたいは3〜5%程度です。

100万円を3%のリターンで投資をしても、1年で3万円しか増えません。

3万円ではとても生活できないですよね?

例えば、毎月生活費に15万円かかるとします。

1年で180万円の生活費がかかります。

これを3%の投資の利益で賄おうとすると、6,000万円投資にお金を回さないといけません。

20代ではとても実現は不可能ですよね?

入金力が大切

投資の利益だけで生活をしようとしたら、とてつもない金額が必要です。

投資で生活していくためには、投資に回せるだけのお金を捻出しないといけません。

20代ではそこまでまとまったお金が用意できないのが現実でしょう。

投資はお金持ちによるお金持ちのためのお金を増やす方法とも言えます。

とはいえ投資を諦めるのは、まだ早いです。

20代からコツコツ投資をしていくことで、将来大きな金額にできます。

楽天証券つみたてNISAシュミレーション

毎月3万円を40年、リターン3%で積み立てると40年後には2,700万円になります。

老後2,000万円問題は解決できてしまいます。

かみや

入金力がないとリターンも小さいのは事実ですが、コツコツ積み立てると大きな金額になります。

稼ぐ力もつけていくべき

投資の利益を増やすには、入金力が大切です。

入金力を増やすには、稼ぐ力をつけていきましょう。

収入が低いなら、収入を増やす選択肢はいくつもあります。

  • 年収の多い会社に転職する
  • 副業をしてお金を稼ぐ
  • メルカリでいらない物を売る

稼ぐ力を強くしていけば、その分だけ投資の利益だけでの生活が近づいてきます。

まとめ

20代のうちに投資を始めると、複利の力で資産を大きくすることが可能です。

まずはつみたてNISAから投資の練習を始めてみましょう。

最初は失敗するかもしれませんが、人間損をしたくない生き物なので必死ひ勉強するようになります。

まずは身銭を切って投資にチャレンジしてみましょう。

つみたてNISAをするならSBI証券がおすすめです。設定が簡単です。

下のリンクから飛べば、無料の口座解説サポートが使えます。

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ
こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です