つみたてNISA

eMAXIS Slimのおすすめの組み合わせは?【投資目的で違う】

悩んでいる人

eMAXIS Slimって商品がたくさんあるけど、いくつか組み合わせた方が良いのかな?

こんな悩みお答えします。

結論から言ってしまうと、投資の目的によってeMAXIS Slimの商品を組み合わせた方が良いか決まります。

この記事の内容

  • 投資の目的でファンドの組み合わせが変わる理由
  • 長期と短期でのファンドの組み合わせ方の例

今回はつみたてNISAで人気のeMAXIS Slimシリーズを使って紹介していますが、他の投資商品でも同じようなことが言えます。

この記事を読むことで、自分の投資のポートフォリオをどのようにして組めば良いのかがわかるようになります。

eMAXIS Slimのおすすめの組み合わせは?【投資目的で違う】

違う

投資目的によって、eMAXIS Slimのおすすめの組み合わせは変わってきます。

短期間の投資と長期間の投資ではとるべき戦略が違うからです。

目的(出口)が違えば投資の方法は変わってくる

投資の目的が違えば、投資の戦略は違ってきます。

例えば2つのシーンでのお金の増やし方を考えてみましょう。

  • 子供の大学入学費のために5年間投資をする
  • 老後の年金代わりとして20年間投資をする

この2つ投資ではどちらがリスクの高い投資ができるでしょうか?

答えは、「老後の年金代わりとして20年間投資をする」です。

長期間の投資をするため、1年・2年の損失を気にする必要がないからです。

一方「子供の大学入学費のために5年間投資をする」場合は、5年後に世界経済が暴落してしまうと、元本が目減りしている可能性もあります。

5年の短い投資期間ではリスクをたくさんとってお金を増やすのは難しいとも言えます。

こんな感じで投資の目的によって、どのくらいリスクを取れるのかで投資の方法が変わってくるわけです。

年代別ポートフォリオは役に立たない

お金を増やす本を読むと、20代・30代・40代でポートフォリオの構成が違ったりしませんか?

あれは、はっきり言って意味がないです。

すでにお気づきかもしれませんが、投資の目的によってリスクの取り方や商品の選び方が変わってくるからです。

投資をする時は、いつまでにどのくらいの資金を作りたいのか目的を明確にする必要があります。

例えば30代の人が老後資金を2000万円作りたいとしたら、シミュレーションをするとこんな感じになります。

積立かんたんシミュレーション

老後2000万円を確保するには、3万円を3%で運用すれば32年9ヶ月後には達成されています。

32年であれば30歳から投資を始めても十分間に合うレベルです。

そして毎年のリターン3%を出してくれそうな投資商品を選び、32年間その商品を運用し続ければ良いだけです。

年齢が違うからと言って、リスクが少ないポートフォリオにするというよりは、投資の目的によってポートフォリオが変わります。

eMAXIS Slimのおすすめの組み合わせ:長期運用編

道

eMAXIS Slimシリーズを使って長期運用するのであれば、組み合わせる必要は一切ありません。

株式100%のポートフォリオを組みましょう。

株式100%のポートフォリオ

長期で資産運用をする時は、リターンが最も大きくなる可能性の株式に投資をした方が良いです。

下の図をみてみましょう。

敗者のゲーム
【引用】敗者のゲームより

長期で運用した場合、株式は最も収益変動幅が高い場所にあります。

株式を長期で投資しても5%〜十数%が限界です。

株式以上にリスクをとって資産を増やすのはおすすめはできません。

株式であれば、長期で投資をすると収益が確実にプラスになることが図でわかります。

eMAXIS Slimの組み合わせは不要

長期投資であれば、eMAXIS Slimシリーズをいくつか組み合わせる必要はありません。

長期で最も高いリターンは株式なので、株式に投資をするeMAXIS Slimの商品を選びましょう。

例えばここらへんが良いでしょう。

  • eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
  • eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)
  • eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

どれも株式市場に投資をしているインデックスファンドです。

自分のリスク許容度の中で、どれか1つの商品を選びましょう。

これらは組み合わせても、あまり意味がありません。

理由はリスクの分散にはならないからです。

なぜならどれも同じ値動きをするからです。

1つのファンドの価格が暴落した時に、同じように暴落をしたらリスクの分散とは言えないですよね?

上のリストにあげたeMAXIS Slimシリーズには、比率は変わるもののアメリカの株式が半分以上を占めています。

良くも悪くも世界経済がアメリカの経済と同じように動くわけです。

青線が世界経済、赤線がアメリカ経済

ほとんど同じような値動きをしています。

このことから株式に投資をしているeMAXIS Slimシリーズを組み合わせて投資をしてもあまり意味がありません。

リスクの分散は個人の考え方で変わる

じゃあ、どのeMAXIS Slimシリーズに投資すれば良いんだよ!となると思います。

そこに関しては、個人のリスク許容度によって変わってきます。

この4つのeMAXIS Slimシリーズで分散を考えてみましょう。

  • eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
  • eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)
  • eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

アメリカ比率
eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)56.6%
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)61.2%
eMAXIS Slim先進国株式インデックス70.2%
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)100%
2020年10月31日時点

4つのeMAXIS Slimシリーズはアメリカ株式の比率が違います。

あなたのリスクの取り方によって、どのファンドを選ぶべきか決めましょう。

全世界と米国どっちに投資すべき?

投資をしているあなたが、「アメリカだけの経済では分散ができてなくて不安だ!」というのであれば、全世界株式(オール・カントリー)が向いています。

一方、「アメリカの経済の成長は20年以上これから続く」と考えるのであれば、米国株式(S&P500)選べばいいのです。

どのくらいリスクを受け入れられるかで、選ぶ投資商品が変わってきます。

アメリカは今後20年は人口が増えていくと予想が出ています。

しかし米国だけに投資をすると、成長の勢いがある中国やインドなどの利益を取りこぼすことになってしまいます。

20年よりさらに投資を続けるというのであれば、米国だけでなく全世界に投資をした方がいいと考えられます。

eMAXIS Slimのおすすめの組み合わせ:短期運用編

5年などの短い期間の投資であれば、出口を意識したポートフォリオを作る必要があります。

債権を組み込み、ポートフォリオ全体の値動きの激しさを減らしておきましょう。

債権を組み入れたポートフォリオ

短期の運用であれば、債権を組み込むことを考えておきましょう。

債権はリスクの分散としては、株式と相性が良いです。

株式が暴落したとしても、債権の値動きは激しくならないからです。

短期の投資の場合は、出口がはっきりとしているので、運用期間が終わる時に資産が暴落しては困ります。

債権をポートフォリオに組み込むことで、資産の値動きをなだらかにすることが可能になります。

eMAXIS Slimの組み合わせが必要

長期運用とはちがい、短期の投資では株式100%のポートフォリオはリスクが高すぎます。

eMAXIS Slimシリーズを組み合わせて、リスクを減らす必要があります。

例えば、5年後の大学入学のための学費を投資で準備するのであれば、こんあポートフォリオを私は考えます。

  • eMAXIS Slim先進国債券インデックス 50%
  • eMAXIS Slim国内債券インデックス  30%
  • eMAXIS Slim先進国株式インデックス 20%

5年後に株式の大暴落が起きたとしても、値動きの激しさはなだらかにできます。

つみたてNISAでは債権のみファンドはない

すこし注意点がありますが、つみたてNISAには債権のみのファンドはありません。

もし私が例として作ったポートフォリオを実行する場合は、債権のファンドは税制のメリットが得られないことを理解しておきましょう。

つみたてNISAは非課税期間が20年となっているので、長期積立運用を基本としています。

短期間の投資にはあまり向いていないと言えるでしょう。

もし短期間での資産形成のみを考えているのであれば、一般NISAも検討をしてみても良いでしょう。

まとめ

今回はつみたてNISAで人気のeMAXIS Slimシリーズを使って、運用方法を考えてみました。

あくまでも私の考えですから、リスクの取り方によっては全く違う答えが出るかもしれません。

投資する前にしっかりと考えてみましょう。

eMAXIS Slimシリーズは投資コストも安く、長期で運用するのに向いている商品です。

皆さんのポートフォリオに組み込んでみてはどうでしょうか?

>>eMAXIS Slimシリーズ

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です