米国ETF

米国ETFはドル建て・円建てどっちで注文すべき?【ドル建て一択】

ドル
悩んでいる人

米国ETFを注文するとき円建てとドル建てが選べるけど、どっちで注文すればいいのかな?

こんな悩みにお答えします。

結論から言ってしまうと、ドル建てで注文をするべきです。

理由は、為替手数料の違いにあります。

たとえ、数十銭の違いでもちりもつもれば何とやらです。

この記事を読むことで、ドル建てで米国ETFを注文するべき理由と、為替手数料をおさえた米国ETFの注文方法を紹介します。

米国ETFはドル建て・円建てどっちで注文すべき?【ドル建て一択】

お金

米国ETFを注文するときは、ドル建て一択です。

なぜなら為替手数料に大きな違いがあるからです。

ドル建てと円建てでは手数料が違う

米国ETFをドル建てと円建てで注文するときは、為替手数料が違います。

  • ドルで注文した時の為替手数料:4銭
  • 円で注文した時の為替手数料:25銭

米国ETFをドルで買うときと、円で買うときの流れがわかれば、為替手数料の違いがわかります。

米国ETFを円で注文するときは、下の図のようになります。

【引用】SBI証券より

円で注文した場合は、証券会社が円からドルを買うのをあなたの代わりにやってくれます。

一方、米国ETFをドルで注文するときは、下の図のようになります。

【引用】SBI証券より

ドルで注文するときは、注文する前にあなたが自分で、ドルを買っておく必要があります。

まとめると、

  • 米国ETFを円で注文すると、証券会社が代行でドルを買って注文してくれる
  • 米国ETFをドルで注文すると、注文する前に自分でドルを買わないといけない

米国ETFを円とドルで注文する違いは、このようになります。

代わりにドルを買ってもらっているので、円で米国ETFを買った時は、為替手数料が高いのです。

ドル建ては反映まで1営業日かかる

ドル建てで米国ETFを注文するのがおすすめですが、1つ注意点があります。

ドルを証券会社に入金するときは、1営業日遅れるということです。(SBI証券の場合)

米国ETFの自動積立をSBI証券で行っている場合は、積み立て日までに入金が完了していないといけません。

入金が遅れると、買いそびれてしまうことになります。

積立設定日までに入金が済むように、入金手続きをしましょう。

米国ETFの為替手数料を節約するなら住信SBIネット銀行

米国ETFの為替手数料を節約するなら、住信SBIネット銀行がおすすめです。

住信SBIネット銀行のドルを買う為替手数料は、4銭とネット銀行の中で最安です。

米国ETFに投資をするならSBI証券と住信SBIネット銀行はセットで

米国ETFに投資するならSBI証券と住信SBIネット銀行をセットで利用するべきです。

理由は3つあります。

  • 米国ETFを自動積立できるのはSBI証券だけ
  • 為替手数料が最安なのは、住信SBIネット銀行
  • 入金の手続きがスムーズ

SBI証券も住信SBIネット銀行もグループ会社です。

入金もとてもスムーズにできます。

住信SBIネット銀行とSBI証券を連携させて、SBI証券側から入金指示を出すだけです。

ドル安・円高の時は米国ETFはチャンス

2020年12月24日現在、ドル安・円高になっています。

理由としては、アメリカがドルをジャブジャブ刷っているので、ドルの価値が下がっています。

米国ETFに投資をするのであれば、ドル安の時は大チャンスです。

住信SBIネット銀行でドルを買い待機資金へ

資金に余裕がある場合は、住信SBIネット銀行でドルを買っておきましょう。

ドルを買う場合は、一度に買うのではなく時間をずらしながら購入しましょう。

つみたてNISAで月に一回、時間を分散して購入するのと同じです。

一度に買ってしまうと、その後さらにドル安が進むと損になってしまいます。

ドルを買った後は、米国ETFを買うのに使う分以外は、外貨定期預金をするのがおすすめです。

定期預金の金利も結構いい

外貨定期預金は実は金利がなかなかに良いです。

日本円で定期預金をするのとでは、100倍近く差があります。

住信SBIネット銀行 ドル定期預金ゆうちょ銀行 定期貯金(円)
1ヶ月0.150%0.002%
3ヶ月0.200%0.002%
6ヶ月0.250%0.002%
1年0.200%0.002%

すぐに米ドルを使わない場合は、一度定期預金で寝かせておくのもアリです。

日本円の定期預金なんかよりもよっぽどいいです。

生活費数か月分と、日本円で購入するつみたてNISAやiDeCo以外の資金は米ドルにしておいてもいいかもしれません。

まとめ

米国ETFに投資をするのであれば、米ドルでの購入がおすすめです。

理由は為替手数料をおさえることができるからです。

為替手数料を節約するなら、住信SBIネット銀行の口座を開いておきましょう。

SBI証券の自動積立と組み合わせれば、簡単に米国ETFに投資が可能になります。

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です