おすすめ投資本

【要約・レビュー】投資の大原則【投資初心者向け本】

投資の大原則

こんにちは投資家のかみや(@kamiyafarm)です。

今回は、投資初心者におすすめの本「投資の大原則」を紹介します。

投資の本は理解しにくく難しいと思われがちですが、この本はとってもシンプルで読みやすいです。

これから投資をしようと思っている人は、まずはこの本から勉強を始めてみましょう。

超シンプルな投資法が5つのポイントにまとめられています。

  1. 若いうちから貯蓄を始めて続けること
  2. 会社や国の制度を活用すること
  3. 低コストのインデックスファンドで投資すること
  4. 年に1回投資の見直しをすること
  5. 自分の決めた投資方法を守り、長期投資をすること

【要約・レビュー】投資の大原則【投資初心者向け本】

本書「投資の大原則」では、投資の方法がシンプルにまとめられています。

  1. 若いうちから貯蓄を始めて続けること
  2. 会社や国の制度を活用すること
  3. 低コストのインデックスファンドで投資すること
  4. 年に1回投資の見直しをすること
  5. 自分の決めた投資方法を守り、長期投資をすること

この5つのポイントを守り続けることで、確実な資産形成を行うことができるようになります。

5つのポイントを詳しく解説していきます。

① 若いうちから貯蓄を始めて続けること

早くから貯蓄を始めると、それだけでも老後に向けての資産が作れます。

例えば毎月2万円の貯金を20歳から始めたとしましょう。

定年の65歳には、1,080万円の貯蓄ができています。

1,080万円の貯蓄ができれば、老後2,000万円問題の半分は解決できてしまいます。

コツコツと続けていくと、いつの間にか貯蓄は大きくなっています。

節約することは稼いでいることと同じ

節約をして1万円節約できたことは、1万円稼いだのと同じです。

節約をゲームとして楽しむことで、支出を収入より少なくすることができるようになります。

まずは以下のことを見直してみてください。

  • 外食の頻度
  • 通信費
  • 良い支出だと思えないもの

この3つあたりから節約を始めてみましょう。

記録もしながら節約をしていくと、どんどん楽しくなっていきます。

節約の記録はマネーフォワードMEでやるのがおすすめです。

使い方
【初心者向け】マネーフォワードMEの無料版の使い方マネーフォワードMEでは家計簿を自動で記録してくれます。家計簿を自分で記入する必要が全くないので、めんどくさがり人でも続けられます。無料版でも十分使うことができます。初心者にわかりやすいようまとめました。...

② 会社や国の制度を活用すること

投資

「投資の大原則」では、アメリカの制度について語られています。

日本版に直すと、つみたてNISAやiDeCoを活用してみましょう。

つみたてNISAやiDeCoは国が用意した税制優遇がある制度です。

投資で出た利益に関しては、20%ほど税金がかかります。

つみたてNISAやiDeCoでは利益に対して、税金がかからない制度です。

つまり100万円の利益が出たら、つみたてNISAやiDeCoでは100万円自分の手元に残るわけです。

通常の税金だと100万円の利益が出たら、手元に残るのは80万円になってしまいます。

投資において税金を減らせる制度はすべて使うくらいの気持ちを持ちましょう。

③ 低コストのインデックスファンドで投資すること

お金

投資をするのであれば、ほとんどの人はインデックスファンドに投資スべきです。

なぜなら、手数料がとても安いからです。

投資の世界では、手数料は私達投資する人間のリターン(利益)を下げる天敵です。

年5%のリターンを得られる投資商品の手数料が1%であれば、実質のリターンは4%になってしまいます。

投資をするときは、手数料には要注意する必要があります。

インデックスファンドであれば、0.1%程度の手数料で投資ができます。

0.1%以上の手数料があるときは、「高い」と思うようにしましょう。

④ 年に1回投資の見直しをすること

ポートフォリオ

投資には「リバランス」という、自分の資産配分がずれたときに行う売買をする必要があります。

例えば、あなたの資産配分が株式と債権の比率が、80:20とします。

株価が暴騰して資産の比率が、90:10になったとき、リバランスを行います。

こんなときは、株式を売却または債権の買いましで、資産の比率を80:20にもどします。

リバランスをすることで、15年間の平均リターンが1.5%上昇することがわかっています。

【引用】投資の大原則より

本書では、リバランスは売却することとありますが、私は売却はおすすめしません。

売却するよりも、買い増ししてバランスを取り直したほうが、資産全体が増えていきます。

売却して別の投資商品を買うよりも、シンプルでわかりやすいからです。

⑤ 自分の決めた投資方法を守り、長期投資をすること

貯金

投資を始めようと思っている皆さんは、どうして投資をするのでしょうか?

  • 老後資金のため
  • 子供の教育資金のため
  • 結婚資金のため

投資は目的をしっかりと決めないと、周囲の人に振り回されてしまいます。

Aさん:米国個別株ポートフォリオでセミリタイア達成。

Bさん:FXで1億稼ぎました!

Cさん:高配当株で生活費をまかなっています。

こんな話を聞くと、自分も同じようにやりたい!と思ってしまいますよね?

ブレない投資をするためには、自分の投資の目的をしっかりと決めましょう。

そして、自分が決めた投資の方法を守り続ける必要があります。

周囲に流されないようにするのは、とっても難しいですが、これが最も大切です。

まとめ

「投資の大原則」では、シンプルな投資法で資産を確実に作る方法が示されています。

投資の本は難しい話が多いですが、「投資の大原則」はページ数も少なく読みやすいです。

これから投資を始めようと思っている人にはオススメの投資本です。

確実な資産を作り上げたい人は、一度読んでみましょう。

あなたの資産を増やすための必読書です。

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です