資産運用結果

私の資産運用結果【2021年9月】

ポートフォリオ

こんにちは。かみや(@kamiyafarm)です。

2021年9月末までの資産運用の結果をまとめています。

iDeCoが半年以上経ってようやく再開できそうです。

今年はiDeCoであまり節税できなくなってしまったので、もったいないなと感じています。

今後はつみたてNISAとiDeCoに全額投資をしていきます。

9月の資産運用の結果

9月の資産運用結果は以下のとおりです。

始時期名称元本評価額成績
2019年3月iDeCo(SBI証券)278,742338,29021.36%
2019年11月日本個別株(マネックス証券)380,001272,201-28.37%
2020年1月外国株式ETF(SBI証券)252,296294,35816.67%
2020年2月積み立てNISA(楽天証券)594,292748,03325.87%
負債-68,764-68,764
現金444,698444,698
合計1,881,2652,028,8167.84%
10/1現在

資産は評価額で200万円を超しました。

26歳で会社員なら、まずまずの金融資産といったところでしょうか?

引き続きつみたてNISA・iDeCoメインで投資を続けていきます。

米国ETFはいったんおやすみ

2021年になってからは、毎月こんな配分で投資をしていました。

つみたてNISA33,333円
iDeCo0円 ※申請ミスのため
米国ETF約10,000円

今後はiDeCoを再開して満額で投資をしていくつもりです。

税金面でメリットのあるものから投資をしていくべきと考えたからです。

そのため現在米ドルで預金した金額がなくなった時点で、米国ETFへの投資は一時おやすみします。

本音を言うと、米国ETFへの投資も続けたいです。しかし、無い袖は振れません。

収入をできるだけ早く増やしていけるように行動していきたいと思います。

9月のポートフォリオ

9月のポートフォリオはこんな感じです。

日本個別株の売却タイミングはまだつかめていません。

すべて売却した場合、10万円ほどの損失が確定してしまいます。

損失が出るとわかっていて、売却するのは勇気がいりますね。

損失10万円は、確定申告で損益通算をしても損失を3年間の繰越中にカバーできない額です。

損失がもう少し少なくなるまでは売却は延期する予定です。

当面は配当と貸株金利をもらいつつ、放ったらかしにすることになるでしょう。

まとめ

ようやくiDeCo再開の目処が立ちました。

今後の投資資金の配分も決めたので、これからもコツコツと投資を続けていきます。

投資できる金額も増やしていきたいので、本業・副業ともにスキルを高めていかないといけませんね。

それではまた来月。

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です