資産運用結果

私の資産運用結果【2021年6月】

資産形成

こんにちは。かみや(@kamiyafarm)です。

2021年6月末までの資産運用の結果をまとめています。

転職・引っ越しがあり、毎月の出費が安定していません。

そろそろ落ち着きたいところですね。

6月の資産運用の結果

6月の資産運用結果は、以下のようになります。

淡々とインデックスファンドを買い続けています。

始時期名称元本評価額成績
2019年3月iDeCo(SBI証券)288,742350,98121.56%
2019年11月日本個別株(ネオモバ)375,794255,994-31.88%
2020年1月外国株式ETF(SBI証券)224,553275,64122.75%
2020年2月積み立てNISA(楽天証券)527,625686,34830.08%
負債-114,133-114,133
現金577,224577,224
合計1,879,8052,032,0558.10%
7月3日時点

現在継続して買い続けているのは、

  • つみたてNISA
  • 米国ETF

の2つです。

iDeCoに関しては、積立が一時止まっています。

原因は、国民年金の猶予申請によるものです。

詳細は先月の資産運用結果をご覧ください。

私の資産運用結果【2021年4月・5月】 こんにちは。かみや(@kamiyafarm)です。 2021年5月末までの資産運用の結果をまとめています。 ...

国民年金保険料納付猶予学生納付特例期間証明書の発行の仕方

この見出しは、

  • 会社を退職して
  • 厚生年金から国民年金へ切り替えて
  • 国民年金の納付を免除して
  • iDeCoは何も申請せずそのままだった

人に向けて書いています。

もし、国民年金の納付免除通知書を捨ててしまった場合、「国民年金保険料納付猶予学生納付特例期間証明書」の発行が必要になります。

国民年金保険料納付猶予学生納付特例期間証明書の発行は、お住いの近くの年金事務所に書類請求をしましょう。

年金事務所の検索のリンクはこちらからどうぞ。

事務所に申請するときは、手元に年金手帳を用意しておきましょう。

番号を聞かれる可能性があります。

書類の申請受理には2週間程度かかります。

iDeCoを再開したい場合、早めに手続をしましょう。

おかげさまで、私は半年以上iDeCoへの投資が止まった状態になっています。

6月のポートフォリオ

6月のポートフォリオはこんなかんじです。

つみたてNISAは着々と資産を増やしています。

今は株高なので、30%もプラスの利益になっています。

そう長くは続かないと思いますが…

ポートフォリオの中で不安があるとしたら現金です。

会社の寮はメリットがでかすぎる

東京で住もうと思ったら、家賃は8万円程度はするでしょう。

会社の寮は家賃の3割とかで住めたりします。

寮に入ることで、かなりの節約ができてしまうんですよね。

私は前職は寮があり、2万円で東京に住むことができました。

手取りは15万円程度でしたが、家賃を抑えられたのはありがたかったです。

現在は家賃すべてを自分で払っているので、負担感がものすごいあります。

転職で手取りは18万円程度になりましたが、家賃は68,000円します。

手取り収入のうち、約37%の支出になってしまいます。

会社の寮・社宅は支出を抑えるのに最適です。

大いに活用をしましょう。

まとめ

iDeCoの書類申請は時間がかかってうんざりです。

再提出を要求されると本当にうんざりします。

めんどくさいことになる前に、申請はしっかりとしておきましょう。

社宅がない生活費は家賃の負担が大きいと改めて実感しました。

次に社宅がある会社に転職したら大いに活用したいですね。

それではまた来月。

こちらの記事もおすすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です