投資資金の作り方

20代の貯金はいくら?25歳の私の貯金と貯金方法を大公開

貯金
悩んでいる人

20代ではいくら貯金しておけばいいのかな?

他の20代の貯金事情を知りたい。

こんな悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 20代貯金の中央値と平均
  • 20代貯金なしの割合は?
  • 20代の貯金の理想額は?
  • 20代の私が貯金100万円達成するまでの流れ
  • 20代におすすめの貯金方法

この記事を書いている私は、手取り15万円の25歳サラリーマンです。

ボーナス含めると年収240万円ほどです。

私はサラリーマン1年目の23歳の時に貯金100万円を達成することができています。

この記事を読むことで、20代の貯金事情と20代でもしっかりと貯金できる方法を知ることができます。

20代貯金の中央値と平均

グラフ

まず最初に20代の貯金の中央値と平均を見ておきましょう。

令和元年(2019年)家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯]によると

  • 平均貯蓄金額が106万円
  • 中央値の貯金金額が5万円

となっています。

20代の年収もピンからキリまでありますが、おおざっぱにみるとこの金額になります。

平均貯蓄金額が106万円に対して、中央値が5万円というのは大きな差があります。

実際多くの20代の貯金額は中央値の5万円に近いのではないでしょうか?

中央値より多ければ、あなたは20代の上位50%にランクインしています。

自分の貯金額に自信を持ちましょう。

20代貯金なしの割合は?

貯金

20代の貯金の中央値が5万円ほどです。

しかし残念ながら貯金が全くできていない20代もいることがわかっています。

年代別にみる「貯蓄ゼロ」の割合、20代19%、30代20%、40代は?

年代別に見ると、20代で貯金なしの世帯は18.6%が貯金ができていないようです。

5人に1人は貯金ができていない計算です。

貯金が0円の状態では、怪我や病気をして仕事ができなくなった場合に生活が成り立たなくなる可能性があります。

貯金が0円の場合は、貯金ができるよう家計の見直しを今すぐ始めましょう。

20代の貯金の理想額は?

悩んでいる人

20代の貯金の額はわかったけど、どのくらい貯金をしておけばいいのかな?

私が考える20代の貯金の理想額は50万円です。

理由としては生活費のおおよそ半年分ほど貯金をしておけば、急な出費にも家計が耐えられると考えているからです。

また20代では転職をする人も多いでしょう。

転職をした場合、長いと3ヶ月程度給料がほとんどない状態になります。

ある程度貯金をしておくことで、生活を維持することが可能です。

20代の私が貯金100万円達成するまでの流れ

積み立て

ここでは20代の私が貯金100万円を達成するまでの流れと、現在までの貯金を紹介していきます。

私は100万円の貯金に成功しましたが、当時愚かな私は大切な貯金を散財してしまいました。

無駄なことにお金を使わないのが、貯金のコツですよ。

2018年入社から2019年3月まで

私は2018年に新卒で入社しました。

入社する前に貯金が、20万円程度ありました。貯金20万円からスタートです。

毎月の手取りは、15万円程度です。

会社から家賃の保証が出ていたので、家賃がほぼタダで済むことができました。

家賃がタダだと、貯金がものすごい勢いでたまっていきます。

就活をしている人は、家賃の手当てがあるか見ておくといいでしょう。

新卒1年目は派手なお金遣いもせずにコツコツ貯金をしていました。

結果として、2018年11月に貯金が100万円になりました。

1か月に10万円以上貯金している計算になります。

生活費は5万円程度です。

2019年4月から~2020年3月まで

社会人2年目は、株式投資に挑戦をしてみました。

株式投資に1年間で合計100万円くらい投資を行いました。

毎月にならすと、8万円程度投資に回していました。

貯金のスピードは必然的に落ちてきていました。

さらに私は2019年は愚かなことをしてしまいました。

借金をしてバイクを買ったことです。

2019年4月には貯金が70万近くありました。

見栄でバイクを買うという愚かなことをしたために、貯金が20万円近くまで減ってしまいました。

バイクを買った愚かな経験はnoteに書き記しています。

借金をして何かを買ってはいけませんよ。

>>借金をしてバイクを買った話

2019年の1年間は、投資とバイクの出費でほとんど貯金は増えませんでした。

2019年は反省しかありません。

貯金がある程度ないと、何かあったときに困ってしまいます。

しっかりと貯金をしておけばよかったです。

2020年4月から2020年7月まで

2020年に入ってからは、2019年の反省をもとに生活の見直しを行いました。

生活の見直しとしては、以下のことを行いました。

  • 固定費の削減
  • 不用品の売却
  • バイクの売却

家計の見直しを行ったことで、生活コストは大幅に削減することができました。

固定費の削減

固定費については、通信費を主に見直しています。

私は現在OCNモバイルONEとOCN光を使っています。

毎月の通信費が合計で5,000円程度になっています。

さらに通信費を削減できないか、日々考え中です。

他の固定費については、もう削っても少なくならないのであきらめています。

会社の団体保険を解約しようとしたら、解約できる月が決まっているみたいでお金が垂れ流し状態です。

会社の団体保険になんとなく加入するのはやめましょう。

不用品の売却

自宅にあった一切使わないものをどんどんメルカリで売却していきました。

自宅にあるいらないものを売った総額は、なんと10万円

これほどいらないものをため込んでいたとは…

現在も不要になったものをメルカリで売却を続けています。

急に引っ越しをすることになっても、困らないように自宅の物品は減らしておきたいです。

メルカリを始めてみたい人は、メルカリの使い方をまとめてみたので良かったら読んでみてください。

https://kamiyafarm.com/mercari

バイクの売却

金食い虫であるバイクは、サクッと売却をしてしまいました。

ローンや保険、駐車場代を考えると毎月3万円近くお金を垂れ流しにしていました。

1か月に1度しか乗らないならレンタルでいいですからね。

75万円のバイクは、1年で35万円まで値下がりしていました。

40万円はドブに捨てたも同じです。

もったいないことしたなぁ。

バイクの後悔をnoteにつづっています。

20代おすすめの貯金方法

節約

私がおすすめする20代の貯金方法は、以下の3つです。

  • 固定費の見直し
  • 食費の見直し
  • 無駄遣いの抑制

私は手取りが少ない20代には、貯金方法は不要だと考えています。

貯金方法ではなく、節約方法です。

生活コストを下げれば、勝手にお金が貯まっていきます。

固定費の見直し

固定費の中で見直しやすいものをリストアップしました。

  1. 通信費
  2. 保険料
  3. 車両関係費
  4. 住居費

まずは上から順番に節約していくことで、生活コストをガッツリ減らすことができます。

通信費

最も見直しがしやすいのは通信費です。

貯金したいと思っているのに、まだ三大キャリアを使っている人はいないですよね?

今すぐ格安SIMに乗り換えましょう。

https://kamiyafarm.com/saving-sim

格安SIMに乗り換えることで、毎月の通信費が3,000円程度は安くなるはずです。

1年間で4万円近くも節約できるようになります。

10年続けたら40万円ですよ。

塵も積もれば山となるです。早めに行動することで、節約できる金額が増えていきます。

ソフトバンクなどの3大キャリアを使っている人は、自ら損をしにいっているといえます。

保険料

保険料に関しては、一人暮らしが多い20代には必要ないものもあります。

例えば、生命保険です。

生命保険って何のために入ると思いますか?

自分が死んでしまった時に、家族が困らないようにするためです。

自分の家族がいないのに、生命保険に入る必要ないですよね?

会社の団体保険でなんとなく入った人は、早めに解約してしまいましょう。

車両関係費

都会に住んでいるのであれば、車を持つ必要はありません。

田舎で済む場合は車が必要になりますが、わざわざ新車を買う必要はないでしょう?

高いローンを組んで車を買うメリットはありません。

私のようにローンだけが残ってしまう後悔はしないようにしてください。

車を持つのは浪費だ!と自分で言えるのであればそれはいいと思っています。

全く浪費のない生活も退屈なのは、私もわかっています。

ついついどうでもいい買い物してしまいますよね(笑)

住居費

支出の多くを占めているのが、住居費ではないでしょうか?

節約して貯金したいのであれば、実家から通うことも選択肢の1つです。

しかし実家から通えない場合もあるでしょう。

そんな時は住居のダウングレードをおすすめします。

1畳狭い部屋にしたり、駅から少し遠いところに引っ越しするだけでも家賃が安くなります。

社会人になって初めてアパートを借りる人も多いはずです。

アパートを借りるときはぼったくり合う確率があります。

ぼったくられないよう、知識をつけておきましょう。

この本がおすすめです。お金の知識ががっつりつくので、若い世代の人は必読です。

本当の自由を手に入れるお金の大学

食費の見直し

節約したい!貯金したい!と思っているのであれば、コンビニ食・外食はNGです。

自炊をしましょう。

私の毎月の食費は1万5,000円です。

外食をするのは、月に1回か2回程度になります。

自炊をすることで、食費はかなり抑えることができます。

手取り15万円で食費に5万円もかけていたら、貯まるものも貯まりません。

初めての自炊はむりの内容に始めてください。

自炊を7年間続けている私が、自炊の始め方をまとめています。

https://kamiyafarm.com/selfcateringforsaving

無駄遣いの抑制

無駄遣いを減らすだけでも、自然と貯金は貯まるようになります。

皆さんは何気なくお金を払っているものありませんか?

  • コンビニのお菓子
  • 自販機のペットボトル
  • スタバ
  • サブスクリプション

あげるとキリがないです。

こういった塵も積もれば山となる小さな額の出費を止めることで、貯金が自然と増えていきます。

無駄遣いというのは、多くが習慣で体が勝手に動いてしまうものです。

習慣を変えれば、自然と節約ができるようになります。

毎日スタバで飲み物を買ってしまうのであれば、スタバの前を通らないようにすればいいだけです。

お金を使ってしまう習慣を直したいのであれば、この本を読んで実践してみてください。

短期間で〝よい習慣〟が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術

さいごに

いきなり貯金を増やそうと頑張ると結構疲れます。

貯金を増やすのではなく、無駄に使っているお金を減らしていく方が圧倒的に楽です。

節約できるようになれば、自然と貯金はたまっていきます。

20代の内に貯金をしっかりとためておけば、会社に縛られずにサクッと転職もしやすくなります。

お金がないと引っ越しもできないですからね。

20代の内にしっかりと貯金ができる体質になっておきましょう!

それではまた。

こちらの記事もおすすすめ!